NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年09月04日 (火) | 編集 |

第134回

梅子は、元気な男の子を出産。早速、名前をつけようと建造(高橋克実)と幸吉(片岡鶴太郎)が張り切るが、両者が譲るわけもなく、下村・安岡両家の命名争いが勃発してしまう。

(2012年8月31日 NHKネットステラ)


命名「太郎」

次に女の子が生まれたら、もちろん「花子」…ですね。

「松竹梅」に上下などない。

堅造さんから、自分の名前が安易につけられたのではないことを知り、嬉しい梅ちゃん。

…誰も「松竹梅」の名前の由来を知らなかったのか?…結構アバウトな下村家!

赤ん坊をあやすのも、写真撮影で笑顔を作るのも、ちょっと苦手な建造さん…でした。

NHK連続テレビ小説 梅ちゃん先生 下

新品価格
¥1,365から
(2012/9/4 08:52時点)




関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。