NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年09月17日 (月) | 編集 |

第145回

昭和34年5月。建造(高橋克実)が千葉に引っ越してしまったため、どこか張り合いのない幸吉(片岡鶴太郎)。そして突然、職人を引退して工場を信郎(松坂桃李)に譲ると言いだす。そんなやさき、近所に「蒲田第一病院」という大きな総合病院が開業するとの知らせが梅子(堀北真希)のもとに届く。

(2012年9月14日 NHKネットステラ)


「梅ちゃん、大分手際が良くなったね~」

褒められたそばから、電気釜のスイッチ入れ忘れ…さすが、梅ちゃん。(この時代の電気釜には、タイムスイッチなんてありません。)

「俺は引退することに決めたから」

職人一筋で他にこれといって趣味がなさそうな幸吉さん。隠居して何かすることあるの?…結局、昼間っから酒を飲むことくらい…撤回するのは時間の問題でしょう。

「また新しい店ができたよ!表通り、すぐそこなんだよ!」

みかみの旦那、自分の店の経営危機より粗品が気になる店主って。余程、自信があるのか…それとも?

「梅子にでも相談しながら、考えるわ」

弥生さんのお父さんも引退宣言で家業を継ぐ問題が再燃…山倉なりに弥生さんのことを心配しているというのに、つれない態度。(松岡が気になるのは、論文の引き継ぎのことだけ。)

「表通りに病院なんて、梅ちゃんの診療所、患者とられちゃうんじゃないのかい?!」

こちらもライバルは表通りですか…。大丈夫、大病院と安岡医院のような地域密着の診療所とじゃ役割は違うから。一時的には患者は減るかもしれないけど。

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 Part2 (NHKドラマ・ガイド)

新品価格
¥1,155から
(2012/9/17 10:41時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。