NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年09月19日 (水) | 編集 |

第147回

広志と再会を果たし、喜ぶ梅子。広志は、製薬会社に勤めて、医者に薬を紹介する仕事をしているという。そんなころ八重子(銀粉蝶)が、松岡(高橋光臣)を知り合いの娘さんに紹介したいと言いだし、お見合いすることが決定する。

(2012年9月14日 NHKネットステラ)


「あの時なの、私が医者になりたいと思ったのは」

梅ちゃん先生の原点。ヒロシに逢って、初心を思い出す梅ちゃん。

ヒロシも随分と立派になりましたね。ノブは…見た目に関しては大して変わっていない…(作業服だから仕方がないでしょ。)

ヒロシはただ懐かしいだけで、梅ちゃんを訪ねたわけではなかったようですね…ちょっと気になります。

「大事な情報が抜け落ちていませんか?」「松岡さんには、多少問題があるけど…」

相沢さんはお見合いの斡旋が趣味のようで。でも、山倉のいうように相手方に重要な情報を伝えていないのはまずいと思いますよ。(お見合いの斡旋なんてそんなもの?)

「僕はお嫁さんがいたら、どんなにいいかと思っているよ。それに僕は…」

何かにつけて弥生に自分をアピールする山倉…全然気づいてくれない(フリ?)…何とかしてあげたい。

「何で赤の他人のお見合い、こんな所でやるんだい?」

幸吉さん、ごもっともです。加えて梅ちゃんとノブが仕切役っていうのは頼りなさすぎ。(何故、相沢さんは同席してくれないの?)

帰国後の松岡、研究に没頭するあまり、変人度がパワーアップしていませんか?梅ちゃんと付き合っている頃は、少しずつでも人間らしさを身につけていたのにね。

…お見合い相手のお嬢さんがちょと可哀そう。「たけや~竿だけ~」



梅ちゃん先生メモリアルブック』は、今日発売されました。

NHKウイークリーステラ臨時増刊10月31日号 梅ちゃん先生 メモリアルブック

新品価格
¥1,050から
(2012/9/19 09:17時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。