NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年10月01日 (月) | 編集 |

第1回

大学3年の純(夏菜)は沖縄・宮古島へ里帰りし、実家が営むサザンアイランドホテルを継がせてほしいと父・善行(武田鉄矢)にじか談判。だが、猛反対される。──半年後、大阪の一流ホテル・オオサキプラザホテルの最終面接の日、不思議な青年・愛(いとし・風間俊介)とぶつかる。

(2012年9月28日 NHKネットステラ)


「人の運命なんて最初から決まっていない。人生のひとつひとつの選択が運命なんだ…私は今から自分の運命を選ぶ」

「おひさま」「カーネーション」「梅ちゃん先生」と戦後を生きた人々を描いた作品が続きましたが、「純と愛」の舞台は現代です。テンポもやや早め、テンションも高めでした。

ヒロイン夏菜の印象、目の玉ギョロリで落っこちそうなくらい。思ったよりドスが効いた声。

「…って、またナレーションやっている場合じゃないんだってば」

ナレーションはこのまま夏菜で自分つっこみ?

「おじいが生きていた頃とうちのホテル全然違うよね…おじいの作ったホテル見て、ここはまほうの国じゃないかと思ったんだ…でも、今は…」

おじいのホテルが今は、どんな風に駄目なのかという描写が欲しかったです…これから追々とあるのかな?

「出ていけ!言うとくがな、おれが死んでもお前にはホテルは譲らん」

初回からヒロインがいきなり勘当です。父娘喧嘩の原因は、おじいのホテル再建計画だけではないみたいです。(たぶん、この父娘の仲の悪さは、今日始まったことではない。)

「いつかウチよりでっかいホテルの社長になって見せるから」
「ありがとうね。お母ちゃんがずっと思っていたこと言ってくれて“おじいのホテルはまほうの国”だって…」


「おじいのホテル」「まほうの国」これがヒロインの行動のテーマ、原動力ですね。

NHK連続テレビ小説 純と愛 上

新品価格
¥1,365から
(2012/10/1 09:31時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。