NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年10月02日 (火) | 編集 |

第2回

オオサキプラザホテルでの面接で入社動機を聞かれた純は、「社長になるため」と即答。しかも、面接官たちの態度に激高! とんでもないことを口走る。

(2012年9月28日 NHKネットステラ)


「おじい、今までの就職試験は全滅だったけど…このホテルは、いけるっていうか運命を感じる…気がするっていうか…そう、信じることにしよう」

背水の陣の面接に向かう途中、純は奇妙な青年とぶつかり転倒します。純の顔をじっと見つめる青年。

…『運命の出会い』…

「落ち着け。最終面接に残ったのはここだけなんだから。余計なことは言わない」「短所…つい必要のないことを言ってしまう」

モコミチ兄貴が「あいつのことだから、面接官をどなりつけているんじゃないか」と予想した通り、面接官の態度にブチ切れて、思いっきり威勢のいい啖呵を切っちゃいましたね。

「それくらいの気配りができないで、よくホテルで働いていますね。偉い人がそんなだと、近いうちに潰れますよ!このホテル」

でも、舘ひろし(社長?)は、面白がっていたみたいです。純のことを興味持ってくれた…のだったら怪我の功名です。(もしかして、面接官の携帯が鳴るのも、大きなくしゃみをするのも実は、学生たちの反応を見るためのトライアル?)

落ち込む純が妙な気配を感じて振り向くとそこには、さっきの青年がこちらをうかがっていました。

「一体何なんですか?あなた」
「すみません、もう一度確かめたくて…」


純のあとをつけてくる愛、挙動不審でストーカーに間違えられても仕方がない…いわゆるキモイ…得体のしれないってやつです。

「あのう、ひとつだけいいですか、あなたはそのままでいてください。ずっとそのままでいてください。お願いします。」

初対面でお互いにまったく素性を知らない人に「そのままでいてください」と言われたって…ねえ。

「おじい、何なの?あれ」

視聴者の声を代弁してくれましたね。


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。