NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年10月13日 (土) | 編集 |

「半径100メートルの男」

昭和37年。東京・蒲田で小さな診療所を営む安岡梅子(堀北真希)は、育児と家事をなんとかこなしながら、医師として地域の人々の健康を見守っていた。梅子の夫・信郎(松坂桃李)は父・幸吉(片岡鶴太郎)の跡を継ぎ、安岡製作所の社長として頑張っており、特に今は新幹線の台車の部品作りに注力していた。

ある日、そんな安岡製作所の評判を聞きつけ、雑誌の取材の申し込みが来る。今か今かと待ち構える製作所の面々だったが、そこに現れたのは、取材が初めての女性記者・山川厚子(臼田あさ美)だった。工場の仕事を説明する信郎だったが、厚子は要領を得なく、信郎はぶっきらぼうな態度をとってしまう。

一方、以前梅子がいた帝都大学病院では、研修医として神田真澄(小林涼子)が入局していた。真澄は生真面目な性格で、助教授になった松岡(高橋光臣)の女版といった感じ。そんな真澄の担当医として、梅子の親友の弥生(徳永えり)があたっていたが、うまがあわず、同僚の山倉(満島真之介)が主に面倒をみている有様だった。

そんなある日、真澄が弥生に「山倉さんが好き」と言い、弥生は梅子のもとへ相談しに行く。一方、信郎は、厚子と新幹線の試験走行へ一緒にいくと言い出し…。

(『梅ちゃん先生』公式サイト)


お待ちかね、『梅ちゃん先生』結婚できない男と女スペシャル【前編】が今夜、放送されます!

「半径100メートルの男」午後9:00~9:54(BSプレミアム)

それは、4か月後からはじまる物語…スピンオフではありません!…だそうです。楽しみ~!

NHKウイークリーステラ臨時増刊10月31日号 梅ちゃん先生 メモリアルブック

新品価格
¥1,050から
(2012/10/13 13:32時点)



おまけ情報

午後3:00~4:30(BSプレミアム)
連続テレビ小説「カーネーション」総集編【前編】「あこがれ」

午後4:30~(BSプレミアム)
梅ちゃん先生」は終わらない~梅ちゃん☆大感謝祭~
関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。