NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年10月16日 (火) | 編集 |

第14回

純は、水野(城田優)とともに宿泊客のリクエストに応えると約束する。そんな中、大きなマスクをした少女・誠(岡本玲)が出現。彼女は愛の妹だった。一方、母・晴海(森下愛子)から、那覇で一緒に正(速水もこみち)の子を身ごもったマリヤ(高橋メアリージュン)に会ってほしいと電話がかかる。

(2012年10月12日 NHKネットステラ)


「一体何やってたん?全然連絡もせんと!」

愛(いとし)のことを『愛(あい)ちゃん』と呼ぶ少女…まことを見ると、脱兎のごとく駆け出す愛、追いかけるまこと。

「一体誰だったんだろう?あの子、もしかして、あいつの彼女さん?」

結局、追いつくことができずに取り逃がしてしまいます。

「…あの、愛と書いて“いとし”君とはどういうご関係なんでしょうか?」
「あなたに話す必要はないと思います」


ぐぐっ、生意気…

まことは、マスクを外していたことに気づくにと慌てて元に戻し、怪訝そうに純のことを嗅ぎまわします。

「あんた、何者?」
「それはこっちのセリフじゃ」


… … … … … …

純が愛のバイト先に連絡すると、すでに辞めていました。そのことを伝えにまことの元へ。

“まこと”の正体…愛の妹でした。

「言っていませんでしたっけ?私、待田誠です。…もう8年も帰っていないんですよね…あいつの代わりに司法試験受ける羽目になって」

「なんでだろう?私、妹だってわかってほっとしている」

… … … … … …

純は、誠から愛の携帯の番号を聞き、電話を掛けますが、名乗った途端に切られてしまいます。

幼い頃から続く、自分の男運の悪さを思い返している純…携帯が鳴ります。…母からです。

「明日お願いね…那覇空港で待ち合わせしよう。じゃあね」

言いたいことだけ言って電話を切る母。

明日は、外国人客とした約束、“行列のできる店のケーキ”と“日本にしかない楽器”を買いに行かなければならないのに。

… … … … … …

眠れない純。愛の携帯に何回も電話を掛けてしまいますが、一向に出てくれません。数えきれない発信履歴…

「あ~、ストーカーか?わたしは」

つきまとわれるとウザいけど、避けられると寂しい…いつのまにか、純と愛の立場が逆転!

… … … … … …

電話の着信音で目が覚める。…愛からです。

「私としばらく会わないことにした理由?」
「まだうまく説明できるかどうか…今日は那覇に行ってください」


何故、純が那覇に行かなければならないことを知っているの?

「ケーキは僕が並びます…楽器を探すのは、那覇でもできるんじゃないですか?」

それだけ言うと、切ってしまいます。(多いですね。一方的に電話を切られること)

「何なのよ。お前はどこにいるんだ!!」

窓を開けて、ベランダから外を見まわす純。少し離れた場所から、純のマンションを見上げる愛…

「う~~~~~!!!!」

… … … … … …

那覇空港に降り立つ純。

「結局、来てしまった…」


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。