NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年10月27日 (土) | 編集 |

第24回

ついに家族と決裂した愛。そこで、純がかけた言葉とは……。

(2012年10月19日 NHKネットステラ)


「ごめんね」
「何で純さんが謝るんですか?」


実家をあとにしてから、愛は具合が悪そう。

「やっぱさあ、だめだよね。私がこう決めると、ロクなことが起きないっていうか…」

立ち止まる愛、微妙な雰囲気を感じて純は振り返りました。

「別れましょう。やっぱ、付き合うの無理です。お試し期間は終了、契約は解除ということで」

頭を下げて、逆方向に歩いて行こうとする愛。純は前に回り込み、愛の腕をつかみました。

「何でそういうことになるのよ?!」

純の手を激しく振りほどき、走り出した愛。追いつくことができない…

… … … … … …

愛に見事に振られてしまった純。

一方、宮古島では、今まさに正のお見合いが始まろうとしていました。

… … … … … …

「もしかして、愛と別れたとか?」

純の様子がおかしいことで、ふたりが別れたと察した水野、俄然機嫌がよくなります。

「それならよかった。どう考えてもあいつは君のこと幸せにできるとは思えないし」

無神経な言動にムッとしながら、何故か純は水野に対しておかしな質問をしてしまいます。

「水野さんは、一体何のために生きていますか?」

意図がわからず、答えに戸惑う水野。

「愛君は、双子の弟さんを病気から救うことができなかったから、自分を責めてるんです。
…それからずっと、どうしたらいいかわからないんです。自分が何のために生きているのか」


人ごみの中を彷徨うように歩いている愛、時々すれ違う人の本性が見えて気分が悪くなる。

ショーウインドウに映る自分の顔、蔑むような笑い顔に変わる…めまいに襲われ、その場を足早に立ち去る。

「きっと、8年間毎日が暗くてつらくて、明日が来るのが怖かったんです…」

水野にそう話しているうちに、純は図らずもあらためて愛のつらさ、寂しさを実感したのでしょう。

… … … … … …

いつものネットカフェ。

体を横たえる愛、『ねむりひめ』の表紙を撫でている…幼い日を思い出しているのでしょうか。

携帯に着信、誠からです。

「ほんまにもう家に帰って来えへん気?…なんで許せる?あんな鬼みたいな人」

「俺に怒っているときのお母さん顔、もうボロボロに疲れてた。顔中傷だらけだったんだよ…もう辛そうに泣き叫んでいた。だからもうこれ以上、苦しめたくなかったんだ。

…お母さんのことよろしくな」


… … … … … …

ネットカフェを引き払って、早朝の街を歩いている愛、抜け殻のように…

橋の上にさしかかる、ふと川に目がいく。橋の欄干によじ登って腰を掛けました。

しばし、『ねむりひめ』の表紙を見つめ、その顔を上げ、静かに目を閉じ…意を決して飛びこ…

「まさか死のうなんて思っていないよね?」

… … … … … …

何故、どうして純がここにいるのか?

「片っ端からネットカフェ探して、ちょうどあんたが泊まっていた店の前に来たら、フラフラって出てくるの見つけたから、いつかあんたがしたみたいにちょっとストーカーしてみたんだ」

愛に手を差し伸べる純。

「連れてって」

… … … … … …

一面に並ぶ墓標…ふたりは霊園にいました。

純は愛の手を引き、とある墓の前で立ち止まりました。純~弟の墓に花を添える純。

「愛君、言ったよね、何のために生きているかわからないって。

それはきっと、あたしと二人で生きていくためだよ。

あたしはそう思う…ことに決めた」


顔を上げず、返事もできず、嗚咽する愛。

純は、純~弟の墓に向かって語りかけます。

「純君、いいよね?そう思っても。

愛君は生きていていいよね?

幸せになっていいよね?

…許してくれるよね?」


こらえきれず涙がこぼれる愛。

「ほら、いいって!」

振り返り笑顔で愛に言いました。

「勝手に決めないでください」

… … … … … …

「僕は…僕はあなたのことが好きです。

これから、これから僕は自分のことよりも、もっとあなたを愛します」


『ねむりひめ』のあるページを開いて純に差し出しました。受け取る純。

「ねむりひめの王子様のセリフなんですけど…このセリフをもって返事とさせてください」

… … … … … …

愛のことが微笑ましくて、愛しくて、抱き寄せる純。

「よし、今度こそ行くぞ」

…三度目の正直…体を少し離して、優しく言いました。

「目、閉じて」

純の唇が愛の唇に軽く触れました。

初チュウだ~!!

…初めてのキスをリードしたのは、王子ではなくお姫様でした…

… … … … … …

純に抱かれて眠る愛。

「おじい、大丈夫。何があっても負けないよ。邪魔する奴はどこからでもかかって来いっていう感じ…」

ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)

新品価格
¥1,365から
(2012/10/27 15:40時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。