NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年11月07日 (水) | 編集 |

第33回

住所の場所は、マリヤ(高橋メアリージュン)の引っ越し先だった。彼女が子どもをおろしていないと知った純は、すぐさま宮古島へ。そして、ハート岩の砂浜で愛と再会する。

(2012年11月2日 NHKネットステラ)


マリヤの部屋から追い出された純は、愛に電話を掛けます…留守電につながりました。

「どういうことなの?あんたがマリヤさんの住所なんか教えるから、那覇まで来ちゃったじゃない!…てか、あんたは今どこにいるのよ?!」

… … … … … …

実家のホテルでは、善行たちが明日の正の披露宴の準備に追われていました。

純の姿を見て、母は式に出席するために帰ってきたと思って喜んでいます。

「お兄ちゃん、知っているの?マリヤさんがお兄ちゃんの子供、堕していないこと」

正や晴海にとっては、寝耳に水でした。

「このまま、放っておいていいの?マリヤさん、お兄ちゃんのこと好きだよ、絶対…
お兄ちゃんが元気ないのもさ、マリヤさんのことをまだ忘れられないからじゃないの?」


煮え切らない態度の正に純の怒りが爆発しました。

「お兄ちゃんにとって、結婚ってなんなのよ?後悔しないの?明日、相手の前で愛、誓えるの?」

「いい加減にしてくれよ!借金ペイできなかったら、ウチのホテルがバーストするかもしれないんだぞ!」


会場を飾る花の追加注文で席を外していた善行が戻ってきました。

… … … … … …

「お父ちゃん、あたしはまだ反対だから、こんな式。自分の借金返すために息子を結婚させるなんて、父親として恥ずかしくないわけ?」

無視する善行。

「おじいのホテル、潰したら承知しないからね。家族みんなを不幸にしているのいい加減気づいたら?みんな、お父ちゃんのせいで辛い思いしているの!嫌なこと我慢しているのよ…」

晴海がたしなめても純は止めません。

「あたし、お父ちゃんみたいな人間にだけは、絶対になりたくない」

善行が純を睨み付け立ち上がりました。純を殴ろうと…

その善行を押しのけて、晴海が純のほほを叩きました。

「娘にそんなこと言われて、親がどれだけ傷つくかわかっているの?」

あっけにとられる善行、正…

「こんな式、絶対でないから、絶対でないから!」

…晴海は、自分が純を叩くことで、善行には手を出させない~これ以上、父子で争わせないための一芝居だったのではないでしょうか…

… … … … … …

ハート岩の浜辺。ひとり宮古のきれいな海を見つめる純。

「おじい、せっかく帰ってきたのに、このざまだよ」

愛に電話をかけても留守電につながるだけです。

「もしもし、あたし今結局、宮古にいます…あたし、愛君に言わなければいけないこと、忘れてた…」

「プープープー…」肝心なことを言う前に留守電が切れてしまいました。

「…ごめんね。愛君のこと信じきってあげられなくてごめんね」

涙がこみあげてきます。

「…自分が何やっているのか全然わからなくなっちゃったし、家族の前では、ものすごい嫌な子になっちゃったし…やっぱ、あんたがいないとダメなのかな?あたし」

自己嫌悪でいっぱいの純。波の音が返ってくるだけです。

「逢いたいよ、逢いたい…愛に逢いたいよぉ、何処?」

思わず叫んでいました。

「ここに、ここにいます」

… … … … … …

空耳?…その声に辺りを見回す純。

木の陰から申し訳なさそうに出てくる愛。

「ななな…何でここにいるの?」

純の勢いに、思わずしり込みしながら、

「前に純さんに宮古の海の話聞いてたら、どうしても見たくなって…ここは純さんの故郷だし、ここで考えるのが一番かなって思って」

まだ事の成り行きを理解できない純。

「何で…あなたのことを好きになったのかなって…本当にあなたのことが好きだったのかな…」

… … … … … …

「でも、マリヤさんの住所とか、結婚式のこととかメールしてきたじゃん」

「今、お宅に泊まらせてもらっているんで…それで色々なこと目撃して」


愛のまた別の能力~ストーカー、覗き見…

… … … … … …

「で、わかったの?…何であたしのこと好きかわかったかって聞いているの!」

「実はまだ…すみません」


再会してから謝ってばかりの愛でした。

「悪いけどね、あたしはあんたが出て行ってから、何も考えていないからね」

ハッキリしない愛にじれったくなってきている純。

「ただ愛君のこと思い出して、逢いたくて逢いたくて、でも逢えなかったらどうしようって考えると不安で不安で…それだけじゃダメなの?そういうの考えて胸がキューッと痛くなるの、それだけじゃダメなの?」

… … … … … …

純は愛の腕をつかんで何度も揺すぶりました。

「僕は…僕はもう、純さんと別れたくないです。もうひとりになるのは嫌です。あなたとずっと一緒にいたい。離れたくないです」

やっと、言えました。

「それだけでもいいですか?」

愛は、純の手を取り、掌に何か載せました。

それは…波がハート型に削った白い珊瑚のかけら。

自然に笑顔がこぼれる、うれしい…うなずく純。

「おじい、あたし…久しぶりに笑った気がする」

Healing Islands OKINAWA 2~宮古島~(Blu-ray Disc)

新品価格
¥3,160から
(2012/11/7 10:18時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。