NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年11月21日 (水) | 編集 |

第45回

純の懸命さを自分への好意と勘違いした灰田は、純に「僕と結婚しましょう」と言いだす。純はきっぱり断るが、灰田は次々とストーカー行為を働く。

(2012年11月16日 NHKネットステラ)


「僕と結婚しましょう、待田純さん」

「ちょ、ちょっと待ってください。何でそうなるんですか?」

「昨日、あなたに言われることが、何で心に入ってくるんだろうって考えたら、わかったんです。

…あれは、僕に対するプロポーズだって」


物凄く勝手な解釈です。

「言ってくれたじゃないですか? 僕が振られたのは、運命の人と出会うためだって、それって貴方のことですよね?」

「だから、そうじゃなくって …あたし、結婚しているんで!」


… … … … … …

帰宅後、愛のマッサージを受けながら、純は今日の出来事を話しました。

「それで、その人は納得してくれたんですか?」

「ああ、なんとかね。同じ人間なら話せばわかるっていう感じ」

「本当にそうなら、いいですけどね …なんか、このままじゃすまないような気がするんです」


その時、電話が鳴りました。愛が出ると無言で切れてしまって…

(おじい、これが事件の始まりでした …何てことにならないよね?)

…まだ冗談を言う余裕がある純でした…

… … … … … …

次の日、純は社長室に呼ばれました。

「ご家族と喧嘩しちゃったんだって? 結婚式の後」

「ふたりとも勘当されちゃいました。
…社長には感謝しています。ウチの父にも融資してくださったんですよね」

「いやだったんだよね。君の“まほうのくに”がなくなっちゃうのが」


(何か今日は、哀愁を帯びているような気がするのは何故?)

次の間の扉が開き、何やら個性的な(怪しげな)女性が社長のことを呼びました。

「申し訳ない。すぐ行きます。 …ああ、思い出した。しゃちょう、天中殺だから、気を付けて」

… … … … … …

仕事に戻った純、担当するカップルとの打ち合わせもすこぶる順調です。

(何だよ?天中殺って、こんなに仕事もプライベートも充実しているっつうのに!)

そこに、また灰田が現れました。

純が接客中なのに構わずに近づいてきます。

「待田さん、やっぱり貴方と式を挙げたいので、式場の予約だけでもしてもらえますか?」

「あの、言いましたよね? あたし、結婚しているって!」

「予約するのは勝手ですよね? ホテルだって儲かるし、別にいいじゃないですか?」


予約金を渡そうとする灰田。

「…一緒に準備していけば、愛し合ってお互いが必要だって分かりますよ」

「だから、そういう問題じゃないって言っているじゃないですか!!」


… … … … … …

やっとのことで引き取ってもらった純。

休憩室で偶然一緒になった桐野に灰田のことを相談しました。

「部長たちには、散々嫌味言われて、あたしが余計なことするからだって
…あたしはただ、あのお客さんが振られて死にそうな顔していたから、励ましたかっただけなんです」


「お客様を友達か何かと勘違いしているんじゃないの?
…そういう人の心にズケズケ入っていくやり方が、相手にとってはた迷惑であったり、誤解を生むことをいい加減学んだら?」


いつもながら、手厳しい桐野の忠告。

(え~っ、悪いのは、あたしなワケ?)

… … … … … …

愛が心配していたように、灰田の行動はエスカレートしていきます。

…さすが経験者(?)…

仕事帰りの純を部屋の前で待ち伏せしていました。 …花束を抱えて。

「何やっているんですか? もしかして、家、調べたんですか?

…いい加減にしてください! 言いましたよね? わたしは結婚しているって!」

「別れた方がいいって! 君のこと本当に分かって、幸せにできるのは僕しかいないんだから」


…どこかの誰かさんと同じようなことを…

「そういう気持ち悪いことするのも、気持ち悪いこと言うのも、止めてくださいよ!」

… … … … … …

「これが、正真正銘、わたしの夫、旦那、配偶者、ハニーです」

「こんばんは、愛と書いて“いとし”読みます…」


純に促されて、おどおどと自己紹介する愛を見た灰田。

「こんな情けない男 …誰がどう見ても、俺の方が全然いいじゃないですか?!」

… … … … … …

愛を馬鹿にされて腹を立てた純。

「はあ? 何言っているの? こんないい男、世界に一人しかいませんから…」

と、愛の良いところを次から次へと並べあげます。

「いとしくん、あたしゃ感謝してもしきれないよ。いつもありがとう。あたし、頑張るから一生そばにいてね

最後に頬っぺたにキスをしました。

「どうよ? こんなあたしたちの間に入る余地がありますか?」

有無を言わさず、ドアを閉めました。

… … … … … …

(おじい、何か今頃、怖くなってきた)

牛乳を注ぐ手が震えて止まりません。

「純さん、大丈夫ですか?」

純は平静を装いました。

「これで向こうもあんな馬鹿なこと止めてくれるよね?」

しかし、無言電話がまた…

… … … … … …

ベッドに入っても純は中々寝付けません。

「ねえ、いとしくん …あの人の本性、見えたの? …どんなだった?」

愛が言葉を探しているのを感じて

「やっぱいい、聞きたくないから、やっぱいい…おやすみ」

「あの純さん、気を付けてくださいね …あの人このまま大人しくしていてくれたらいいけど、何が起こるかわからないので」


…どんなおぞましい本性を見たのでしょう?…

… … … … … …

スタッフルーム。

いつもどこかで見られているような不安を感じてしまう純。

自分の席に座り、メールチェック。見慣れないアドレスからの受信…

『ドブス、絶対殺す』

「待田さん、ちょっと来て」

池内に呼ばれて、彼女のパソコン~とあるサイトの掲示板を見せられました。

『オオサキプラザホテルのブライダル係MJは態度が下品で最悪…』

「これは、どう見ても、あなたのことよね?」

(おじい、何でこうなるの?)

ヒラリー・スワンク『ストーカー』 [DVD]ヒラリー・スワンク『ストーカー』 [DVD]
(2011/12/02)
ヒラリー・スワンク、ジェフリー・ディーン・モーガン 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。