NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年12月06日 (木) | 編集 |

第58回

リニューアルオープン当日、オオサキがカイザーに乗っ取られたことが明るみに。

(2012年11月30日 NHKネットステラ)


「社長、どういうことですか? オオサキ・カイザーホテルじゃないんですか?」

「聞いてないよ、俺」


… … … … … …

大先の部屋。

「どういうことだ、ジョン? ホテルの名前は、オオサキ・カイザーホテルだったはずじゃないか?」

「名前など、小さな事じゃないか?真一郎」


無断で進めている組織改革やリストラについても、契約に明記されていることと答えるだけです。

…ガツンと言うはずじゃなかったのかい?…

「状況が落ち着くのを待って、主張を訴えていきましょう」というのが、中津留の意見でした。

「あたしは、こんなやり方おかしいと思います」

しかし、大先から引き離すために、純はフロントに異動を命じられます。

大先が抵抗しても、「優秀な人材は、社長一人が独占せずに有効に活用すべき」というのがジョンの考えだと、多恵子ははねつけました。

返す言葉が見つからない大先。

「社長、あたしは大丈夫ですから、何かあったら連絡ください」

そう言って、部屋を後にする純。

(おじい、負けないよ!こんなことで)

… … … … … …

(それからは、新しいロビーみたいにホテルの雰囲気が暗くなった…)

千香はベルガールに異動させられ、「辞めたい」と純に愚痴ります。

米田や露木のように今まで部下だった人間の下で働かされても、それでも辞めない人は、仕事の全くない部署に移されて、自己開発レポートを書かされていました。

… … … … … …

「あの、すみません、オオサキプラザホテルはどこかしら?」

例の老婦人~種田典子が、純に尋ねてきました。純が「ここですけど」と答えると、

「そんなはずないわ。こんな暗くて歩きづらくなかったし、座る場所もないのよ」

運よく、空いた席に種田を座らせると、純の手を握って言いました。

「ねえ、明日からどうすればいいの?」

何と返事をしていいかわからない純でした。

… … … … … …

大先の部屋。

先代の写真を寂しそうに見つめる大先。

ドアをノックする音、桐野が入ってきました。

大先が、最近の現場の雰囲気を尋ねました。

「お知りになりたければ、こんな所にいないでご自分で確かめたらいかがですか?」

「スタッフ皆に合わせる顔がなくてね」


どうしたらいいか意見を求めると、桐野は自分はその立場ではないと答えました。

「社長としてじゃなくて、昔付き合っていた男として聞くんだ…」

桐野は、ペンダントの十字架に手を当てて、しばし考えてから言いました。

「そんなことは、もう忘れました」

…やはり、ふたりは過去につきあっていたことがあったんですね。

不倫?それとも、付き合っていたけど、今の奥さん(離婚調停中?)との政略結婚のために別れたとか…

でも、別れた後も独身のままホテルで頑張って来たんですね、桐野さん。…

… … … … … …

へとへとになって、帰宅した純。

部屋に入るなり、バッタリとひっくり返ってしまいました。

そこに、誠が純を訪ねてきます。

「剛のアホが、私のこと毎日撮影して、“きょうのまことちゃん”とかいう映像流しているから文句言いに来たんですけど」

床に伏せったまま、動こうとしない純を見て、いつもと何か違うと感じた誠です。

「外資と合併してから、すべて売上ありきになって、スタッフはリストラが怖いから、上司の顔色を窺って、チクリ合い罵り合いする奴まで現れる始末。

客層は、圧倒的にビジネスマンが増えたから、お客さんの顔から笑顔が減った気がする。

実際、毎日オオサキに来るのを楽しみにしてくれていた、おばあちゃんを今日追い出せと言われた…」


純の心を読み、誠に説明する愛。

心を読まれたことより、自分が思っているより簡潔になっていることが腹立たしい純。

「そう言えば、ウチのママがリストラやってるんやって。この頃、帰ってきたら臭い酷いもん」

誠が顔をしかめました。

「もう、あたしゃ、会社行きたくないよ」

その時、オーブンで何か焼き上がりました。

「明日、おばあちゃんに持って行ってあげてください」

愛の手作りのアンパンでした。

… … … … … …

愛のアンパンを持って、ロビーで種田のおばあちゃんを探す純。まだ今日は来ていないみたいです。

「言ったでしょ? あっという間に変わるってこのホテル」

ふいに多恵子が現れて、勝ち誇ったように言いました。

「最初からこうなるってわかってたんですか? 合併すれば、社長の思うとおりになるとか安心させておいて」

「あの人の認識が甘いのよ。オオサキはカイザーに助けてもらったのよ。社長でいられるだけ感謝しなけきゃ」


… … … … … …

立ち去ろうとする多恵子の行く手を、米田や露木などの自己開発部に送られた数名が遮りました。

憔悴しきった米田が声を荒げました。

「一体なんだと思っているんだ? 毎日毎日、人のこと馬鹿にしやがって」

「俺は、ベルボーイから初めてな。ずっとオオサキのことを愛して頑張って来たんだ」

「俺たちを馬鹿にするな!謝れ!」


代わる代わる多恵子に非難の言葉を浴びせました。

…彼らの今までの行状を顧みると、少なからず自業自得という面もあると思うのですが…

「こんなみっともないことをしている暇があったら、新しい職場をお探しになった方がいいんじゃないんですか?」

見下すように、そう冷たく言い切りました。

… … … … … …

振り払って先に行こうとする多恵子を米田たちが取り囲みました。

止めに入ろうとしたスタッフが駆けつけ、もみあいになって乱闘騒ぎに発展。

突き飛ばされた米田が、ちょうどロビーに入ってきた種田にぶつかってしまいました。

仰向けにひっくり返ってしまった種田の元に駆け寄る純。

そんなことに気付かないで乱闘は続いています。

「やめてください。やめてください!

お客さんが倒れているんですよ!


純の必死の大声に我に返る一同。

「おばあちゃん、大丈夫ですか?」

種田は、倒れたまま目を開けません。

桐野が担架を用意するように指示をしました。

騒動を聞きつけてやってきた大先も声を掛けます。

「大丈夫ですか?」

その声に反応して目を開ける種田、大先の顔をみるなり、か細い声で言いました。

「あなた、助けて」

もうろうとして、誰かと勘違いしているようです。

「もう、何処へも行かないで」

「大丈夫ですよ。心配しないでください。ずっと、そばにいますから」


Route29

新品価格
¥1,560から
(2012/12/6 16:38時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。