NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年12月18日 (火) | 編集 |

第68回

晴海(森下愛子)は、善行(武田鉄矢)に「ビーチは私のものです!」と宣言。さらに純は、「私がホテルを立て直す」と告げる。

(2012年12月14日 NHKネットステラ)


晴海から話があると言われて、善行は明らかに動揺しています。

正やマリヤ、剛も起きてきました。

「お父さん、ビーチは私のです! あとは、純から聞いてください!」

思い切って、それだけ言うと、晴海は台所へ逃げてしまいました。

「おい! あいつに何を吹き込んだんや?」

純のことをにらみつける善行。

… … … … … …

純から説明されて、売買契約に晴海名義のビーチが含まれていないことを知った善行、契約書を持つ手がブルブルと震えています。

(潔く、負けを認めろよ、親父)

「晴海、頼む売ってくれ! 契約がパーになったら身の破滅や」

「お願いします。何とか考え直してくれませんか? この家だけは何としても残したいんです」


善行に泣きつかれましたが、晴海も譲れません。

「どこがええんや?! こんな文化も何もない、プライバシーもなにもない島!」

「だから、そういう宮古の悪口も聞きたくないんです、もう!」


珍しく晴海が声を荒げました。

「借金どないして返そう? お前、何かあてがあるんか?」

… … … … … …

「自分のことを棚に上げて、お父ちゃん、責任感じてるの?」

「借金を作ったのは自分のせいではない」と、時代や世の中のせいにして、自分の非は決して認めない善行。

「いい加減、自分の非を認めてよ!」

「偉そうに言いやがって、ほんならお前、言うてみい! 借金返す方法を言うてみい、お前が!」

「あたしが社長になって、サザンアイランド立て直すの!」


… … … … … …

純は、以前に見せたことがある『ホテル・サザンアイランド再生計画』と書かれたノートを取り出しました。

「そんな、小学生が書いた夏休みの計画表みたいなもんで、借金返せるか!」

取り合おうとしない善行の目の前に、愛が分厚い書類の束を置きました。

純のノートに、愛が利益見込みや返済方法などを織り交ぜて作成した再建案です。

「この再建案を持って、債権者のところに行って、死ぬ気で返すから、もう少しだけ借金返すの待ってほしいって、頼んでくるつもり」

… … … … … …

「家族皆で力を合わせれば、軌跡を起こせるって、あたしは信じてる。 …ねえ、みんなはどう思う?」

晴海が頭を下げて、善行に懇願します。

「お父さん、もう一度、父が作ったホテルを立て直してもらえませんか? お願いします」

腕を組んで考え込んでいた善行。

「こんなアホたれの言うことに乗せられて、アホみたいなこと信じて。あのホテルを立て直すのは無理や」

場所が悪い、交通の便が悪いと、ホテルの欠点を上げ始めました。

> そんな場所にリゾート開発の計画が立つでしょうか? 善行のその場しのぎの言い逃れ…

「あんなところにホテルを建てたのが間違いや。あの爺さんが悪いんや!」

おじいの遺影を指さした善行。

言うに事欠いて、おじいのせいにされたことに、ブチ切れた純は、善行につかみかかりました。

「おじいに謝ってよ! 取り消してよ!

おじいがどんな思いであのホテルを建てたか、わかってるでしょ? あそこには、おばあへの愛が、たくさん詰まってるの!」


振り払う善行。

「本当にお母ちゃんのこと、…家族のことも本当に愛してきたって胸張れるの?

お母ちゃんはね、大阪に何か行きたくないの。宮古が好きなの、宮古にいたいの!」


… … … … … …

善行は、新天地は、大阪だ、間違いないから、自分についてきてくれと晴海に言いました。

「じゃあ、気づいてる? お母ちゃんの手、シミとかシワとか凄い増えてるの?」

思わず、手を隠す晴海。晴海を見つめる善行。

「お母ちゃんの手を見てるだけで、宮古の海が汚されていくような気がして、つらいの…

お願いだから、お母ちゃんをこれ以上苦しめるの止めてくれるかな?」


純は、善行に涙ながら必死に訴えます。

「家族のこと本当に愛してるなら、この家もホテルも売るの止めて、皆で借金、死ぬ気で返していこうって言ってくれないかな? お願いします」

純に続いて、晴海、剛、マリヤ、正も頭を下げて懇願しました。

… … … … … …

「わかった。 …好きにせい」

善行は、静かにそう言うと、立ち上がりました。

「お前らのやりたいようにやってみい」

善行に心が通じた…ほっと安堵する一同。

「お義父さんを捕まえてください」

善行の本性を見抜いた愛が注意しました。

「お義母さんの実印を盗む気です!」

愛の言うとおり、晴海の実印を手にした善行が逃げようとするのを、間一髪、家族皆で取り押さえました。

> この親父、クズすぎます…とことん。

… … … … … …

「今、何ておっしゃいました?」

ホテルのロビーで、梨田は純に聞き返しました。

「ビーチは、母のものなので、お売りすることはできないんです」

それでは、リゾート計画がパーになってしまうと大慌ての梨田。善行を読んでほしいと言いました。

「ちょっと、体調を崩しまして…」

善行は…

ガムテープでグルグルに巻かれて、トイレに閉じ込められていました。

「大人しくしててよ、お父さん」

「お姉が来るまでの、辛抱だからさ」


※今週までのストーリーが載っています。

NHK連続テレビ小説 純と愛 上


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。