NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2012年12月28日 (金) | 編集 |

第77回

街で倒れていた純を助けたのは、サト(余貴美子)という女性だった。そうと知らず、愛は純の居場所を捜し続ける。そして大みそか、やっと2人は再会する。

(2012年12月21日 NHKネットステラ)


青い海、美しい砂浜、寄せては返す波の音。 …純は、宮古島の夢を見ていました。

目を覚ますとそこは、見覚えのない部屋でした。

傍らに座っている女性が、手を伸ばして、純の額に掌を当てました。

「ああ、熱下がったね」

今の状況がわからない純。

「風邪こじらせて、ずっとうなされてたけど、あんた身元の分かるもの何も持っていないんで、家族の方に連絡しようがなくて…」

記憶をたどる純。愛とけんかして、家を飛び出て…

「あの、ここ何処ですか?」

「大阪。大正区ってところだけど」


何故、自分がここにいるのかと、純は尋ねました。

「こっちは、アンタがずぶ濡れで倒れてたから、死なれちゃ困ると、思っただけで…」

何故、自分がずぶ濡れになっていたのかと、純。

「“宮古島に帰るんだ!”とか、叫びながら、布団の上で時々バタバタしてたから、近くの木津川にでも飛び込んだんじゃないの?」

一切の記憶がない純。 …腹が鳴りました。

「何か作るから、ちょっと待ってて」

… … … … … …

純は、部屋を出てみました。結構、古い建物です。

階段を下りると、食堂のようです。三線やシーサーの置物など、沖縄ゆかりのものが、いくつも置いてありました。

「もう大丈夫なの?」

カウンターの奥から、女性~女将(?)がドンブリを持って出てきて、純に食べるように勧めました。

「ここ沖縄のお店なんですか?」

「あんた、知らないで来たの? この辺は、大阪でも沖縄の人がたくさん住んでるんで有名なんだけど


… … … … … …

ドンブリは、沖縄そばでした。懐かしい味、食べているうちに涙がにじんでくる純です。

「どうしたの? よかったら、話してごらん。 …何かあったんだろう?」

女将のその言葉に、堰を切ったように涙があふれ出してきました。

「…食べてからにします」

… … … … … …

その頃、純を探して愛は、狩野家のマンションを訪ねていました。

髪はボサボサ、無精ひげをうっすらと生やし、やつれたような表情の愛を見て、晴海は、驚いています。

純は、ここにも来ていませんでした。

純から連絡があったら、電話をくれるように、自分の携帯の番号を告げて、帰ろうとする愛。

晴海が呼び止めて言いました。

「…別れることを考えてくれない? 純と。 …愛さんと一緒になってから、今まで以上に苦労している気がするの、あの子…」

> 苦労しているのは、あなたたち、両親のせいではないのかと、思いますが…

… … … … … …

(おじい、その通りかもしれません。 …僕のせいで、純さんは…)

歳末の人出の中、あてもなく純を探す愛。

「何のために生きているのかわからない」

愛には、街ゆく人が皆そんな風に言っているように聞こえてきました。

その時、携帯に着信、誠からでした。

… … … … … …

愛が純とケンカしたことを謙次から聞いたのでしょう。

「あたし、好きな人できて

「そいつは、臭くないの?」


誠が好きになった男~自称ミュージシャンは、いかにも汗臭そうな男でした。その匂いさえ、好きになったら、愛しくなる感じ…と、誠が言いました。

「こっちは、もうどうしていいのかわからなくて… 心の声が読めなくなってから」

「大事なんは、自分の気持ちなんちゃう? …愛ちゃんは、純さんが必要じゃないわけ?」


電話の向こうで、「誰に電話してるんだ?」という男の声がして、切れてしまいました。

> “だめんず”の匂いがプンプン…

「それでも誰かを愛したい」

また、街の声が聞こえました。

(僕は、僕には、純さんが、必要です…)

… … … … … …

「あたしは、これから、どうやって生きていいか、ぜんぜんわからないんですよ…」

純は、女将に自分の思いのたけをぶつけていました。

「なるほど… よくしゃべったね。夜になっちゃたよ」

気がつけば、あたりはもう暗くなってしまっていました。

「いやあ、今時めずらしくいい話だった。 …ドラマチックだねえ、あんた」

感心したように女将にそう言われて、純は、面白がられているような気がしました。

「同情してほしい? …でもさ、あんたより不幸な人間なんて、この辺にはゴロゴロいるからさ。

大丈夫、大丈夫。あんたは、連ドラの最終回まで、しぶとく生き残る顔してるからさ」


… … … … … …

「じゃあ、あたし、これからどうしたらいいんですか?」

「あんたさ、ひらがなの“あ”から“ん”までの間で何が一番好き?」


純は、質問の意味が全然読めません。

「いいから考えて。ひらがなの一文字で何が一番好き?」

そう言われて、改めて考えてみると、結構難しい質問で、なかなかこれという答えが出ません。

「何ですか? ちょっと、教えてくださいよ」

… … … … … …

「あたしは、“と”だな。

“と”っていう字があるから、大事な人と結びつくことができるんだよ、あたしたち」


まだよく意味が分からない純に女性は、例を挙げて説明しました。

ネロ“と”パトラッシュ、安寿“と”厨子王、ロミオ“と”ジュリエット、ヘドバ“と”ダビデ…

「あんたは、どうなの? 純“と”何とかって人いるの?」

愛のことを思い浮かべる純。

「その人、失ったら、本当に終わりだよ。

世界中で、その人、幸せにできるのあんただけだし、不幸にするのも、あんただけなんだから」


> ヘドバとダビデがわかったあなた、純と何とかでネネと思ってしまったあなた。昭和30年代より前の生まれですね?

… … … … … …

「じゃあ、あたしは、紅白見るから」

女将は、そう言って、テレビをつけました。

「紅白歌合戦」っていうことは…

「あれ? 今日、大晦日ですか?」

「そうか! あんた、4,5日寝てたから、飛んでるんだ、時間が」

え~っ! うそお


慌てて、外に飛び出した純です。…雪が降り出しています。

「…ドラマチックだねえ」

… … … … … …

部屋に戻っても、灯りは消えていて、愛はいませんでした。

愛を探しに、再び外に出る純。勢い余って転んでしまいました。

(いとしくん… 逢いたいよ、いとしくん)

… … … … … …

街では、新年のカウントダウンの野外ステージが組まれ、人が集まり盛り上がっています。

(いとしくん!)

愛に純の心の声が聞こえました。

「純さん!」

愛は、周りを見回して、純の名を呼びました。

純も気づき、声のした方を見ました。

ふたりともお互いのことを見つけて、駆け出します。

10、9、8、7…カウントダウンが始まりました。

人をかき分けて、お互いを目指して走るふたり。

…3、2、1

「ハッピイ・ニュー・イヤー」

歓声が上がり、バンドの演奏が始まりました。

… … … … … …

やっと再会できて、見つめあうふたり。

「ひらがなの“あ”から“ん”の中で何が一番好き?」

「“と”ですか?」


純の質問に答える愛。

「心の声、聞こえるようになったの?」

「…みたいです」


… … … … … …

「ごめんね、ひどいことばっかり言って」

「僕の方こそ…」


自分は、もうめげない。現実でどんなにつらいことがあっても、目をそらさず、夢みたいな現実を作れるように頑張ると純は、言いました。

「だから、これからもずっとそばにいてください。

あたしたちは、ふたりでひとつなんだから。

“愛と純”なんだから」


かぶりを振って、愛が言いました。

「違います。

純と愛です」


微笑みあい、抱き合うふたり。

… … … … … …

良いお年を…

カウントダウン・ライブでHYが歌っていた曲「AM11:00」収録のアルバムです。

Street Story

新品価格
¥1,460から
(2012/12/28 14:05時点)



こちらは、ヘドバとダビデの「ナオミの夢」収録

続・青春歌年鑑 1971

新品価格
¥1,550から
(2012/12/28 14:09時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。