NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年01月21日 (月) | 編集 |

鬼母が出した最恐の難題とは?!

純に対して高圧的に接してきた多恵子。
今週は、助けを求める純に更なる難題を突きつける。
あの鉄仮面の下に、どんな思いが隠されているのか!


… … … … … …

第92回

純(夏菜)の始めた24時間コンシェルジュが、インターネットで話題に。そのため、セクシーこと蘭(映美くらら)の夫・満田(金児憲史)が里やを訪れる。実は蘭は、夫の暴力から身を隠していたのだ。蘭に復縁を迫る満田は、息子の士郎(岡田篤哉)を人質にとり一室に立てこもる。

(2012年1月18日 NHKネットステラ)


おじい、あたしが24時間コンシェルジュをやっているのを面白がって、「里や」は、少しずつだけど、お客さんが増えてます。

客の一人が、「里や」に泊まった記念に純のことを撮ったビデオをインターネットに公開しました。

「これでお客さん増えたらいいけどさ」

このことが、後の事件の火種になるとは…

… … … … … …

最近、愛は気になっていることがあります。

謙次の浮気のせいで、別居している両親のことが心配で、それぞれにメールを送っているのですが、全然返信がありません。

「誠にふたりが別れないように説得してくれって、お願いしたんですけど…
純さんのお父さんとお母さんは、大丈夫ですか?」


心配なことに変わりはないのですが、復縁した正夫婦が同居することになったことで、取りあえずは大丈夫だと純は答えました。

… … … … … …

善行のマンション。

晴海とマリヤが、一緒に朝食の準備をしています。

すっかり子煩悩になった正、勇気が可愛くてしかたがありません。あとは、仕事を見つけるだけです。

「お父さんの会社で何とかなりませんかね? 正の就職」

ふいに晴海にそう切り出されて、答えに詰まる善行。

マリヤは、昼間の公園で求人誌を読みふける善行を見かけたことがあるので、複雑です。

「ここにいるおかげで家賃の心配もないのに、仕事まで世話になったら、罰当たっちゃうし…」

そんな正の言葉に、晴海が急に泣き出しました。

「あんたも長男らしくなってきたなと思ってさ」

うれし泣きだとわかり、ホッとする一同。

「そうだ、もうすぐ給料日さね。久しぶりに美味しいものでも食べに行きませんか? お父さん」

あまり乗り気でないような善行の様子を察してか、正が遠慮しました。

「俺の仕事が決まってからでいいんじゃない?」

… … … … … …

「ねえ、お父さんの会社で何とかなりませんかね? 正の就職」

一瞬、固まる一同。

さっきも同じことを言ったと善行が指摘しましたが、晴海は覚えていません。

「私はただ、隆の就職のこと、お願いしますって、念を押しただけ…」

少しずつ、不幸の足音…

… … … … … …

一方、「里や」にも、不気味な足音が近づいていました。

「しかし、よく降るねえ…こういう時は、ドラマだと起こるんだよね。不吉なことが…」

扉の外で、降りしきる雨を見ながらサトが言いました。

「止めてくださいよ」

苦笑いの純。

その時、扉を開けて、コートのフードをかぶった背の高い男が入ってきました。

「部屋、ありますか?」

… … … … … …

部屋に案内する時、純のことをネットで見た、と男が言いました。

「あの時、チラっと映っていた、もう一人の女の人は?」

セクシーのことでした。自分も撮られそうになると、過剰に反応してすぐに引っ込んでしまったため、ほんのわずかしか映っていなかったのですが…

… … … … … …

純が、一階に戻ると、ちょうど、セクシーが買い物から帰ってきたところでした。

「さっき、チェックインした男のお客さんが会いたがってましたよ」

ネットの効果があったことがうれしい純が能天気にセクシーに伝えました。

ドキッとするセクシー。

「どんな男だった? …そいつ」

怯えたように、男の風貌を尋ねました。

… … … … … …

「あゆみ、元気だったか?」

いつの間にか、一階に下りてきた男が、セクシーのことをそう呼びました。

驚愕の表情のセクシー。

「亭主に久しぶりに会ったのにそんな怖い顔するなよ」

男が近づくと、セクシーは、ものすごい勢いで部屋の反対側に逃げました。

「来ないで!」

一緒に帰ろうと懇願する男。

「アンタなんかと暮らす気は金輪際ないから!」

息をのむ、サトをはじめとする一同。

「…士郎のためにも、親子三人でやり直そう」

セクシーの視線が、男の後ろに。 …ぼんやりと士郎が立っていました。

「士郎、こっちおいで!」

… … … … … …

セクシーが、そう叫びましたが、一瞬早く、男が士郎を抱きかかえてしまいました。

そのまま二階へ駆け上がる男。

「何するの?! 待って、士郎!」

泣け叫び、あとを追うセクシー。

「里や」の面々も急いでそのあとから続きます。

… … … … … …

男の部屋の扉を叩くセクシー。

「士郎を返して!」

自分と一緒に帰ることを約束したら、返すという男に、警察を呼ぶと言うセクシー。

「そんなことしたら、士郎と死ぬぞ! …いいのか?」

泣き崩れるセクシー。

… … … … … …

「もしかして、あの男から逃げるために、天草蘭とか偽名使っていたの?」

セクシーは、サトの質問にうなずきました。

「士郎が生まれたころまでは、一緒に理髪店やりながら、優しかったんです…」

しかし、そのうちに暴力をふるうようになって… すぐに二度としないと反省して謝るので、許すことをズルズルと続けていたら、士郎にも暴力をふるうように…

「別れてくれって、頼んだんですけど、どうしてもダメで。 …逃げるしかなかったんです。

こんな傷を士郎につけるわけにはいかないんです」


セクシーが不自然に顔の左半分を隠していた長い髪の毛をかきあげると、額に痛々しい傷跡がありました。

… … … … … …

自分がビデオに撮られたことがきっかけだと、謝罪する純。

「それより、早く士郎を取り戻しに行かなきゃ」

そう言うサトには、何か妙案があるみたいです。すがりつくセクシー。

「それは、 …しゃちょうが考えるから」

自信満々に人に振るサト。

納得しかけて、慌てて否定する純。

「あんたの辞書に“無理”って言葉ないんだろ?」

痛いところをつかれました。

「士郎のために、あきらめちゃダメだよ。

女が諦めたら、世界が終わっちゃうんだろ?」


使えるものなら、人の格言でも何でも使うというのが、このドラマの登場人物です。

力なくうなずく純でした。

… … … … … …

いとしくん、SOS、すぐ来て!

“SOS、至急連絡ください”

神様、仏様、いとし様。困ったときの、いとし頼み…

純は、愛にメールを送りました。

… … … … … …

サトたちに背中を押されて、男~満田のいる部屋の前に来た純。

おじい、やっぱ、あたしの辞書に“無理”って、足しておこうかな…

~今週も、部屋にこもった人を説得して外に出すお話です。「二度あることは三度ある(作者)」「仏の顔も三度まで…(視聴者」)?!

Q&A DV(ドメスティック・バイオレンス)事件の実務

新品価格
¥3,150から
(2013/1/21 11:42時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。