NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年01月23日 (水) | 編集 |

第94回

「どうやれば雨をやませられるのか」と思案する純と愛、里やの面々。奇想天外な“晴れ乞い”のおかげか、雨があがった! 多恵子は見事満田を蹴散らすが、日頃の過労がたたり倒れてしまう。

(2012年1月18日 NHKネットステラ)


「わかりました。 …明日の朝までに必ず雨をやませてみせます」

いつものように、根拠のない大見得を切ってしまった純。

取りあえず、したことは、…てるてる坊主をいくつも作ったことでした。

しかし、雨はかえって強くなる一方です。

… … … … … …

「里や」では、満田がいきなり火を点けたりしないように、男性陣が廊下で見張っていました。

「そんな約束しちゃったんですか?」

純から電話で報告を受けた愛は困惑してしまいました。

皆にも多恵子の提示した無理な条件を知らせると、失望の声があがりました。

そんな中で、セニョールの様子がおかしいことに愛は気づきました。

「もしかして、雨をやませる方法あるとか?」

… … … … … …

セニョールから聞き出した、テレビで見た“雨をやませる儀式”というのは、雨に打たれながら、ひたすら呪文を唱えて踊るものでした。

背に腹は代えられない純は、この“晴れ乞い”を行うことにしました。

「レサヨ~メア! ウヨイ~タロデ!!」 …雨よ、去れ! 出ろ、太陽!!…

ああ、おじい、何やってるんだろう? あたし…

… … … … … …

「純さん、お母さんに助けてもらいたくて必死なんです。お願いですから、純さんの気持ち、わかってもらえませんか?」

愛からの留守電を黙って聞いている、多恵子。

携帯にも、「助けてください、おかあさん」という愛からのメールが何通も着信しています。

… … … … … …

純の“晴れ乞い”は、続いていますが、雨は、一向にやむ気配はありません。

「ママ、いい加減に許してあげたら? あの人、確実に風邪ひくで」

誠がとりなしましたが、多恵子には、その気が無いみたいでした。

… … … … … …

おじい、お願い。 奇跡を起こしてくれないかな…

寒さと疲労でへたり込んだ、純。

傘をさしかける人が。 …愛でした。

「もう帰りましょう。セクシーさんが、あの人と一緒に行くって言ったんです。 …これ以上、迷惑かけたくないからって」

… … … … … …

純と愛は、「里や」に戻ってきました。 …多恵子を連れてくることはできませんでした…

二階から、満田にうながされて、セクシーと士郎が下りてきました。

「セクシーさん、すみません、お義母さんを呼んでこれなくて。 …でも、もう一度だけ、考え直してください。

このまま行ったら、きっと今までの繰り返しですよ」


純にそう言われても、悲しげな表情で見つめ返すことしかできないセクシーでした。

「いいかげんにしろ! 何なんだ、お前」

満田は、純をにらみつけると、勢いよく扉を開けて、セクシーの腕を引っ張って出て行きました。

… … … … … …

あきらめきれずに、背中を見送ろうとする純。

扉の隙間から、光が差し込んでいるのに気づきます。

「あ~!!」

扉を全開にして、表に飛び出て、空を仰ぎました。

「雨、やんでる!」

「里や」の面々もつられて表に出てきました。

「それが、どうしたんだよ!」

満田が、忌々しそうに吐きすてました。

… … … … … …

「お、お義母さん?!」

朝陽を浴びて、多恵子が誠を引き連れて、早足で向かって来るのが見えました。

満田のことをにらみつけると、純に確認しました。

「これが、例の男?」

何回もうなずく純。

… … … … … …

「さっさと、その汚い手を奥さんから離し、二度と現れないと誓って、ここから出て行きなさい!」

呆気にとられている満田に向かって、ものすごい勢いでまくしたてました。

「知ってる? 世の中には二種類の人間しかいないの、他人を傷つけても平気な人間と、そうじゃない人間。

…アンタは、他人を傷つけても何とも思わない、ロクでもない男よ」


セクシー~あゆみのことを愛していると反論する満田。

「私は、アンタみたいな男が、女を苦しめているのを、今まで散々見てきた。 …さっさと、その汚い手を奥さんから離し、二度と現れないと誓って、ここから出て行き…

一人で死になさい!!」


そう詰め寄る多恵子のことを、激高した満田が殴りました。

… … … … … …

倒れた多恵子に駆け寄る、謙次と純と愛

純が満田のことを非難するのを制して多恵子が言いました。

「いいのよ、これで。 …傷害罪で、刑務所にぶちこめるから」

謙次に支えられて、立ち上がりながら、多恵子は続けました。

「…接近禁止命令は、6ヵ月で終わっても、奥さんを殴った傷害罪の執行猶予はまだ残っているから、これで確実に実刑ね。

被害者は、私だから、覚悟しておきなさい」


多恵子の携帯は、警察につながりました。

「大正警察署ですか? 弁護士の待田です。署長、お願いします」

慌てた待田が携帯を取り上げようとするのを、かわして言いました。

「おとなしく出ていくなら、許してあげてもいいわよ」

殴られた時に切れた口のふちの血をぬぐい、あくまでも冷静に話します。

「言っとくけど、また戻っても無駄よ。傷害罪の時効は10年だから、その間こっちは、いつでも警察に訴えることができるんだから。 …わかったら、とっとと出て行きなさい。

この、く・そ・お・と・こ」


… … … … … …

「俺は、あきらめない…何年経っても、また会いに来る!」

満田が、セクシーに向かってそう言った時、サトが立ちはだかりました。

「その時は、あたしが相手するよ! …従業員と客を守るのが、あたしの仕事だからさ!」

それだけ言うと、セニュールの後ろに隠れました。

「私はこんな顔してますけど、喧嘩は弱いですけど、女将さんに何かあったら…」

威嚇する満田に怯えながらも必死にサトをかばっています。

師匠は、何かあったら、大阪中の業界の仲間を呼ぶと息巻いてみせます。

チュルチュルも、一歩歩み出て、満田をにらみつけて一言。

「抹殺」

… … … … … …

極めつけは、士郎が何か書いた紙を満田に向かって広げました。

ママは ぼくがまもる

拙い文字でそう書かれていました。

士郎を抱きしめるセクシー。

… … … … … …

「くそう…」

何回もそう叫びながら、走り去っていく、満田。

ようやく安堵の表情の一同。

勝利…

… … … … … …

「何、もう帰るの?」

さっさと歩き出した多恵子に誠が驚いています。

「忙しいの、私は」

振り向きもせず、来た道を引き返していく多恵子。

「待ってください、お義母さん

純が呼び止めました。まだ、きちんとした礼も言ってはいません。 

…その時です。

多恵子の歩みが、止まった一瞬、体が緩やかに崩れ落ちていくのが見えました。

「お母さん!」「多恵子!」

~都合が良すぎる、思った通りのストーリー展開でしたが、切れの良いタンカで満田を追い込んでいく、多恵子は惚れ惚れするほどの憎らしさで、スカッとしました。

行列のできる弁護士が教える、男と女のトラブル相談室

新品価格
¥1,260から
(2013/1/23 13:29時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。