NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年03月13日 (水) | 編集 |

第136話

次なる“売り”は、看板料理メニュー。純はそれを愛に任せるが、準備が着々と進む中、誠だけが面白くなさそうで……。

(2013年3月8日 NHKネットステラ)


おじい、お父ちゃん … いとし君のご両親をプレオープンの日にホテルに招待することにしました

… このまま、家族がバラバラになるのが心配な、いとし君のためにも …

でもそうしたら、新たな問題点に気がついて …


… … … … …

「看板メニューですか?」

「プレオープンの時にね、できたらお義父さんとお義母さんをその料理でおもてなししたいなと思って … 」


純の提案はありがたいのですが、愛はそれまでに間に合うかどうかと考え込んでしまいました。

「あたしも協力するから … そんな堅苦しいものじゃなくてもいいの、家庭的な一品料理みたいなさ」

言うは易し、行うは … 一応、考えてみると愛は言いました。

「それとさ … もうひとつ大事なこと忘れてて … 」

ホテルの名前をまだ決めていませんでした … こっちの方が大事じゃないの?

「それは、サザンアイランドがいいんじゃないですか?」

愛は言いました。

純もその名前を考えなかったわけではないのですが … そのまま受け継いでいいのかという、ためらいがあったのです。

「それもプレオープンまでに決めないとね … 」

… … … … …

「ねえお姉、結局さ、ここに何描くの?」 

剛に描いてもらうロビー横の壁画の件もそのままでした。

… 相変わらず、宿題が山積みの純でした。

… … … … …

プレオープン7日前。

ホテルのスタッフが勢ぞろいして、プレオープンに向けてのミーティングです。

純は皆にプレオープンの日に謙次と多恵子を招待したことを報告しました。

「正式なオープンの時の予行練習にもなると思うので、皆さんで力を合わせて精一杯おもてなししましょう」

そして、愛は看板メニュー作り、正はマッサージルーム、あゆみにはビューティーサロン、それぞれの準備を任せました。

やる気に満ちた雰囲気の中で、ひとり冷めた態度の誠のことが愛は気になっていました …

… … … … …

何かを任されたというわけでない誠は、手持無沙汰でホテルの中をうろうろしていました。

壁画の構想を考えている剛に構ってもらおうかと思った時、一瞬早く羽純に声を掛けられてしまいました。

「ねえ、“人間ジュークボックス”のレパートリー増やそうかなって思ってるんだけど、何か歌ってほしい曲とかある?」

好きな曲の話題で盛り上がる剛と羽純 … 面白くない誠はその場から離れました。

… … … … …

厨房で看板メニューを考えている愛の頭に紙くずが命中 … 誠でした。

「 … ねえ愛ちゃん、ホンマにパパとママが来ると思ってるの?」

「そう思う … ことに決めた」


愛は言い切りました。

「あたしは絶対来おへんと思うな、こんなとこにわざわざ」

「そんなこと言うなよ、ウチら家族のために純さんが招待してくれたんだから」


… … … … …

ますますひねくれた態度の誠。

「愛ちゃんはええなあ、好きな人と一緒になれて … ホンマうらやましいわ」

愛は誠が、楽しそうに話している剛と羽純のことをやけに気にしているのがわかりました。

「誠さ … お前、そんなイヤミ言っているヒマあったら、ちゃんと働けよ」

誠は、ふてくされて部屋を出て行ってしまいました。

その背中をあきれたように見つめていた愛 … あの妹も頭痛の種のひとつでした。

愛は顔をしかめながらつぶやきました。

「あったま、痛いな … 」

… … … … …

剛が描きあげた何枚かのラフを手に、純も悩んでいました。

どれも出来はいいのですが、壁画にするとなると … 何かしっくりこないのです。

「だめだ、何もひらめかないなあ」

白い壁の前でひとり考え込む剛 … ふらふらしていた誠が声を掛けました。

「そんな悩む必要ないんちゃう? … もともとそんなことする義務ないんやし」

一生懸命、水を差す誠。

「そうだけど … お姉も頑張っているし、何か協力してあげたいんだ」

… … … … …

「でも、大阪で個展の準備とかあるんやろ?」

剛はうなずきましたが … 何かノリが違いました。

「なあ、ツヨキチ … あたしと一緒に大阪帰らへん?」

以前なら、そんなことを誠に言われたら、二つ返事でついてくる剛でした …

「え? でも、まこっちゃん、ここで働きたいんじゃないの?」

… … … … …

「 … やっぱり、ホテルより他にもっと才能ある気がするし … 宮古には、何かあたし、狭い気がするし」

剛が戸惑ったような顔をして見つめるので、誠は何なのか尋ねました。

「あ、いや … なんか、こう … まこっちゃん、昔の俺みたいなこと言ってるなって思ってさ」

誠から笑顔が消えていきました。

「ごめん、いったん引き受けたんだし … 最後までやりたいんだ」

そう言って、背中を向ける剛 … 誠はいてもたってもいられなくなって、ホテルを飛び出して行きました。

… … … … …

ビーチまで走ってきた誠は、叫び声をあげながら、腕をめちゃくちゃに振り回して、足で砂を蹴り上げていました。

愛に対してより、剛に対してより … 自分に対する苛立ちを抑えることができません。

あ”~っ!!

ふと気配がして振り向くと、自分以外に誰もいなかったはずのビーチで純がこちらを見ていました。

… えらいとこ見られた …

「あたしもよくここで叫んだりしたなあ … 」

純がそう言いながら、近づいてきました。

「何か自分が嫌になって … どうしたらいいのか分かんなくなったときとかさ」

… … … … …

「それで … 何か答え出たん?」

純はかぶりを振りました。

「結局 … “お腹すいたぁ”とか“暑いぃ”とか言って帰るわけ … でもさ、溜まったものをここで、ワーッと吐き出すだけで、すごい気持ちが楽になった気がする」

… … … … …

「誠ちゃん、よかったら話聞くよ」

誠が何かを話そうとしたとき、お決まりで純の携帯が鳴りました。

謙次からでした。

プレオープンの招待状が届いたのだが、仕事が忙しくて行くことができないという断りの電話でした。

「そこを何とかお願いできませんか? いとし君もお義父さんのために美味しい料理を作るんだって言っていますし … 」

純は、嫌がる誠と無理やりに電話を替わりました。

「 … 話したいことあるんでしょ?」

… … … … …

「あ、誠か … あのなあ、パパどうしても忙しくて … 」

「別にええから、来んでも! パパの顔なんて見たくもないし」


誠は、謙次の話が終わる前に電話を切ってしまいました。

「誠ちゃん …」

… … … … …

「もうお節介やめてくれへん? … パパもママも、うちのことなんかどうでもええねん!」

純 … 兄の純が死ぬまでは、純のことばかり考えて … 愛が出て行ったら、愛のことばかり考えて、自分はいつも蚊帳の外、誰も相手にしてはくれなかった …

「それでも、パパとママの言うこと聞いてええ子でいようと思ったんや … もうあたしはふたりに余計な心配かけへんように強くなろうと思ったんや!」

愛が出て行ったあと、多恵子に弁護士事務所を継げと言われた時も素直に言うとおりにした …

「それもこれも、あの人らに笑ってほしいって幸せになってほしいって思ったからやないか! … またいつか皆で … 家族皆で笑いあえる日が来るといいなって、信じたからやないか」

そんな気も知らずに、多恵子と謙次は別れてしまった … 誠は、涙でぐしょぐしょになった顔で思いのたけを吐き出しました。

「 … これからうちにどないせえって言うん?」

純は答えることはできませんでした。

走り出した誠 … あとを追おうとした純の携帯がまたお約束通りに鳴りました。

… … … … …

「 … 招待状、受け取ったわ」

多恵子からでした。

「それで、いらしていただけますか?」

おそるおそる聞いた純に多恵子の返事は …

「無理よ、そんなヒマないし … 」

岡本玲 - 僕と少女の四日間の物語」特別限定版

新品価格
¥6,980から
(2013/3/13 16:44時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。