NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年05月16日 (木) | 編集 |
第40話

忠兵衛は春子とアキを傍らに座らせると、畏まって話しはじめました。

「アキ、お祖父ちゃんなあ、漁師辞めるじゃ」

「じぇじぇっ?」

「明日、漁協さ行って引退宣言してくるじゃ、ついでに仕事紹介してもらうべと思って … 」


台所で食事の支度をする夏が、ビールを取りに来た春子にそっと耳打ちしました。

「定期健診の結果、あんまりよぐねがったみたいだ」

「えっ?」

一度は死んだと思い込んでいた父、忠兵衛 … 幸い元気に暮らしていますが、67歳のお祖父ちゃんなんです。


… … … … …

翌日、忠兵衛は夏を伴って漁協の長内組合長の元を訪れました。

「医者が言うには、長期の漁は体に障ると、心臓が … 」

本人に代わって夏が説明しました。

「さすがの忠兵衛さんも寄る年波には勝てねえか?」

「いやいや、あくまで病気は考え直すきっかけだ … 神様が『そろそろ休め』って言ってんだ」


忠兵衛は組合長に前向きな選択だと言いました。

「思えば、二十歳過ぎてから延縄漁一本でよ、ずっと海の上だべ、いっぺえやり残したことあるしよ」

「そりゃそうだ、たった一度の人生だすけな」


忠兵衛はホワイトボードに書かれていた出漁予定者から自分の名前を消しました。

「 … 今年はほら、娘も孫もいだから」

「夏さん、えがったな」


組合長に言われてうなずいた夏は、忠兵衛にもう一度尋ねました。

「本当にいいんだね?」

「しつこいな、男が一度決めたことだ」

「よし、温泉さでも行って、ゆっくりするといい」


夫婦で旅行など一度もなかったふたりにかつ枝が言いました。

「その前に働け、この」

「はい」


忠兵衛は、珠子に手渡された求人情報に目を通します。

天野家の大黒柱、忠兵衛さんが引退宣言をしました。

… … … … …

喫茶リアス。

昨晩の騒動などなかったかのように正宗と大吉がカウンターに並んで食事をしています。

「そうか、漁師って定年ないんだね」

春子から忠兵衛の話を聞いた正宗が言いました。

「う~ん、でも67歳で再就職って中々難しいよね」

「そりゃ、漁船に乗るよりは収入落ちるかも知んねえが、忠兵衛さんこの辺では人望厚いし」


大吉は言いました。

「だからこそ雇う方だって扱いにくいと思うでしょうに」

「でもほら、未経験者歓迎ってところ結構ありますよ」


正宗が求人誌を取出し、ページを開いて見せました。

「しかも、年齢不問、缶詰工場のような単純作業でも、月20万は保証しますって」

やけに就職事情にくわしい正宗。

「おいおい、黒川さんは何故、北三陸市の求人誌を持ってるんだろう?」

大吉に言われて、気づいた春子。

「やだ何これっ、何○で囲ってるの、こっちで仕事探す気? 居座る気ぃ?」

「うん … っていうか、もう見つけちゃった … こっちのタクシー会社でさ、ドライバー募集してて、条件が良かったんで」


これから面接があると、そそくさと出かけて行ってしまいました。

「あいつ、鉄のハートの持ち主だなあ」

敵ながら感心する大吉でした。

… … … … …

「昨日、遅くまで飲んだんだって?」

春子は改めて大吉に尋ねました。

「ああ、春ちゃんのこといろいろしゃべった … ごめん」

「いいよ別に、聞かれなかったからしゃべらなかっただけだし … どうせ離婚するしさ」


自分もアキに昔のことを話したと言いました。

「アキちゃん、何て言ってた?」

「『イタイ』って言われちゃった … 『どうかしてる』って意味じゃないの?

インターネットも携帯もない時代にさ、こんな片田舎の女子高生が『アイドルになりたい』って東京へ行ったら、そりゃ笑われるよね … 実際、笑われたしね」


大吉は頭を振りました。

「いや、おら笑ってねえど、ずっと応援してたど … 春ちゃんが有名になったら、一日駅長やってもらうべって昔から言ってたんだ、なあ勉さん!」

指定席で琥珀を磨いていた勉さんが笑顔でうなずきました。

「 … ありがとう」

… … … … …

「そっか、割と本気でアイドル目指してたんだ … 」

アキは学校で昨晩春子に聞いたことをユイに伝えました。

「うん、それで海女になるの断って、祖母ちゃんとケンカして、東京さ行ったんだって」

「それは、複雑だねえ … 娘がテレビの取材受けたり、ネットで人気出たりして、嫌がるの分かる」


アキにはユイの言っている意味が分かりません。

「だから、アキちゃんに嫉妬してるんでしょ」

「ママが、おらに?」


アキはありえないと否定しました。

「そうかな、どっかでくやしいと思っているよ、きっと」

思いもしなかったことをユイに指摘されて、アキは考え込んでしまいました。

… ほんの僅かそういう気持ちもあったかも知れませんが、それこそもっと複雑な事情があるような気がします。

… … … … …

ユイはふいに黒板に向かって何か書き始めました。

『JJガール』『AMMA』そう書き終わると、アキに尋ねました。

「ねえ、どっちがいい?」

「えっ?」

「そろそろユニット名を決めた方がいいと思うの、『5時わん』のレギュラー決まったら、ふたりでの活動も増えるし」


『5時だべ!わんこチャンネル』略して『5時わん』です。

「『JJガールズ』は見ての通り、『じぇじぇ』から来てるんだけど、『AMMA』は昔『ABBA』ってグループがいたらしいの、知らない? あとは … 」

『ウニ娘』『ウニクロ』『ウニやっこ』 … ユニット名の候補を書き続けるユイ。

ユイちゃん、飛ばし過ぎ … アキは内心そう思いましたが、その勢いはもう止められませんでした。

そして、ユイは『決めポーズ』も考えてきていました。

「右手を高く上げて、左手のひじを曲げて … ほら、『J』の形、やってみて!」

アキは言われるがまま、ユイのマネをして『J』の形を取りました。

「じぇっ!って言わなきゃ」

「おめえら、何やってるんだ?」

「じぇっ!」


教室の入り口付近でふたりの様子を種市が見ていました。

「2年生さ、プールさ、集まってるから、早ぐ着替えろ … あと、それ『J』じゃなくて、『し』だべ?」

あまちゃん JJガールズ

… … … … …

その頃、忠兵衛と夏は、漁協で紹介された … スーパーマーケットの鮮魚売り場を訪れていました。

「 … やってもらいてえのは、この向こう側の売り場に陳列するのと接客です」

ふたりは早速、責任者に職場を案内されました。

「まあ、簡単な作業ですし、うちもお爺ちゃん初めてじゃねえから … お魚の種類とかは詳しい方?」

「へへへ、少なくともあんたよりは … 」


余計な口を利きそうになって、忠兵衛は夏にたしなめられました。

時給700円からスタート、残業手当が別途1,000円と提示されましたが、忠兵衛はよく理解できずに夏に説明してもらっています。

「1時間700円っつう意味だべ」

「 … 残尿?」

「残業だ、遅くまで働けば、1,000円」

「俺が払うのか?」


夏は責任者の若い男に頭を下げました。

「すいません … この人、マグロ船さずっと乗ってたもんで、あの金銭感覚が少々グローバルなんです」

取りあえず、愛想笑いする忠兵衛。

… … … … …

学校帰りのアキがユイを連れてリアスに顔を見せました。

「ママ、どっかさ行ってよ」

「はっ?」


店に入るなり、娘に何処かへ行けと言われても …

「今からママに聞がれたくねえ話すんだ」

「だったら、ママの店来ないでヨソでやりなさいよ」


… ごもっとも。

「ヨソの人にはもっと聞かれたくないの」

「何、急に標準語で … 」


春子は不満でしたが、ユイにも「大事な話」と謝られて、しぶしぶ …

「わかりました … じゃあ、勉さんと琥珀磨いてま~す」

カウンターの隅にいる勉さんの隣に腰かけました。

… … … … …

「で、どう思う?」

席に着くや否やアキはユイに尋ねました。

「私はやっぱり『JJガールズ』がいい」

「ユニット名の話じゃなくて … 」

「ああ、種市先輩のこと?」


うなずいたアキですが、背中に視線を感じて振り向きました。目をそらし不自然に琥珀を磨く春子。

「好きって気持ちは伝えたの?」

はっきりしないアキにユイはもう一度聞き直しました。

「どっちよ?」

「資格試験さ受がったら、デートしてけろって言いました … そこで、ちゃんと伝えるつもりです」

「でもさ、仮に種市先輩とつきあったとしても、3月で東京行っちゃうんでしょ? … 遠距離恋愛じゃん、我慢できる?」


例のごとく、そこまでは考えていなかったアキ。

「あ、それとも東京で暮らす? … お父さんと一緒で東京で暮らしたら、種市先輩とも会えるじゃん」

「でも … 」

「私も高校卒業したら東京行くし、ねえそうしなよ … 何なら一緒にアイドル目指そうよ」


ユイちゃん、飛ばし過ぎ …

… … … … …

「海女は?」

突然口を挟んできた春子。

「海女はどうすんの? あんた、来年も潜るって言ってたじゃん、やめるの?」

「ママ … 」


春子は席を立ってふたりの元に近づいてきました。

「ごめん、今さ途中全然聞いてなかったんだけど … って言うか、聞かないでって言われたのに、聞いてたんだけど」

そして、ユイに向かって言いました。

「ユイちゃん、ウチにはウチの複雑な事情っていうのがあるのね、で今、こっちと向こうと東京と別々に暮らしてるんだけど … 」

「離婚調停中なんですよね?」


ユイにズバリ言われて、一瞬絶句した春子ですが、思い直して続けます。

「 … そうよ、そうよ、だから簡単に『東京に一緒に行かない?』みたいなこと言わないでほしいわけ。

あたしもね、やっと夫と離婚する決心がついて、でやっとようやくこっちの暮らしに慣れて来たっていう、そういう状態 … 」


物事を的確に話して伝えることがあまり得意でない春子がユイに説明していると、ものすごい勢いで誰かが店に飛び込んできました。

「面接受かったよお!」

正宗でした。

そのあとから、こちらも面接を終えた忠兵衛と夏が続いて入ってきました。

「えっ?!」

「ちょうど空きがあってね、明日からでも走ってくれって へっへっへっへ」


水戸黄門の印籠のように社名の入った名札を見せました。

「パパ、こっちで働くの?」

「うん、こっちに住んでこっちで働くの … お義母さんも認めてくれた」

「ちょっとお!」


春子が夏に非難の声をあげましたが、夏は笑って答えました。

「来るものは拒まずさ」

「俺も明日からスーパーで働くことになった … 見ろ、鮮魚売り場の新人だ!」


忠兵衛は胸に『研修中 鮮魚 天野忠兵衛』と書かれた名札をつけていました。

「家族3人、一緒に暮らせるぞ、アキ!」

ごきげんの正宗、忠兵衛とお互いにエールを送り合っています。

ユイがアキに耳打ちしました。

「じゃあ、東京行きはナシだね」

「ママ … 」

「ちょっと、よくわかんないわかんない … いいのか、これで? … よくないだろ、よくないよね … 整理しよう」

目まぐるしい展開に頭がついていかない春子とアキでしたが … 何はともあれ、一家5人での新生活が始まりました。


… … … … …

翌朝。

玄関の扉を開ける正宗。

横一列に並んだ忠兵衛、アキ、正宗の3人に夏と春子が弁当を渡しました。

「んだら、いってきま~す!」

笑顔の3人。

「いってらっしゃ~い!」

笑顔で答える2人。

「お義父さん、スーパーまで送りましょうか?」

「おお、悪いな」


すっかり天野家の一員、マスオさん状態になっている正宗です。

「きをつけてねえ~」

玄関で見送る春子。

「さあ、あたしたちも食べましょう」

家族を送り出し、夏とふたりで食卓に着きました。

「もう一度、いただきま~す」

まるで朝ドラのような一場面です。

… 何か間違ってる?!

「いやいやいや … これ、おかしいよね? 絶対、おかしいよね」

「何が?」

「死んだ人と別れた人が仲良く一緒に出て行ったよ」

「ああ」

「ああって、いいの? … 半年前までさ、このウチお母さんひとりで暮らしてたんだよ、今5人もいるんだよ?」


… … … … …

「半年で5倍か … 1年経ったら、25人か?」

「ふざけないでよお」


夏は嫌なら出ていけばいいと言いました。

「私が?」

「おめえもアキも正宗さんもだ … そしたら、おれ父ちゃんとふたりっきりで悠々自適だべ?」

「この期に及んでそういうこと言う? … あたしがいないと困るでしょ?」


店のこともあるし、アキがいなければ海女クラブだって …

「スナックだって海女だって、やめればいいだけの話さあ、なあんも困んねえ … おらがいてほしいのは、父ちゃんだけだ」

「ああ、そうですか … だったら、あたしも好きにさせてもらいますよ」


ふて腐れた春子は食事の手を止めて立ち上がりました。

「春子、何処へ行く?!」

「パチンコ」

「春子!」

「いってきまあす … 」


春子は振り向きもせずに玄関を出て行ってしまいました。

また、やっちまったあ … シブい顔をした夏さんでした。

JJガールズの決めポーズの元ネタ?『JODAN JODAN』収録 …

全曲集

新品価格
¥2,387から
(2013/5/16 15:04時点)



『AMMA』じゃなくって『ABBA』ってこんなグループです …

GOLD

新品価格
¥1,146から
(2013/5/16 15:07時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。