NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年05月23日 (木) | 編集 |
第46話

北鉄の存続をかけて企画された『お座敷列車』。

それに先駆け、アキの歌唱力を試すことになりました。


アキが選んだ曲は『潮騒のメモリー』です。

♪来てよ その火を 飛び越えて 砂に書いた アイ ミス ユー …

… 何とも言えません …


パラパラの拍手、いやひとり勉さんだけは立ち上がって喝采を送っています。

「う~ん、なんだろう … 笑えるほど下手でもないんだよな」

吉田の言葉通り、可もなく不可もなく、面白みもないといった感想でしょうか。

「ありがとうございます!」

… あれ、今、ほめた?

「誰だ、今歌ってたの? 外まで聞こえたぞ、ジャイアンリサイタルかと思った」

ちょうど出勤してきた弥生の一言 … この例えはアキにも理解できました。

故に、ふくれっ面。

「あの、私のも聴いてもらっていいですか?」

ようやく選曲が終わったユイがステージに上がりました。

イントロ~時をかける少女~が流れだします。

ビジュアル的にはバッチリ、皆の期待が一様に高まりました。

「ボイストレーニングとかやってましたから」

そう言いながら、ヒロシも妹の歌を聴くのは初めてでした。

♪あなた 私の元から 突然消えたりしないでね …

… やはり、何とも言えません …


魂を抜かれたような大吉、ヒロシ、吉田。 … 拍手喝采は勉さんだけ、涙さえ流しています。

… … … … …

見かねた弥生が出てきて、アキとユイを前にして言いました。

「とにかく、ふたりともここで練習しろ、毎日」

「じぇっ?」

「おらが歌唱指導してやっから」


弥生はこう見えても、ジャズもシャンソンも歌える『北三陸の越路吹雪』と呼ばれているのでした。

♪あなたの燃える手でえ …

こうして、アキとユイの歌唱指導は弥生さんに決まりました。


… … … … …

3月、種市先輩が実習に来てくれるのも、あと数日 … でも、種市先輩は何故か近頃素っ気ない … 資格試験に合格したら、「デートしよう」っていってくれたのに …

『だめですか? … おら、そのために頑張ったんですけど』

『頑張りゃいいってもんじゃねえべ』

… あれはどういう意味だったのだろう?

「天野 … おい、天野!」


授業中なのにうわの空だったアキは、磯野に指されてもボーっとしていて注意されてしまいました。

… … … … …

北三陸駅。

柱の陰に身を隠していたユイは、やって来た種市の目の前に飛び出しました。

「待ちなさいよ!」

「えっ?」

「どういうつもり? … アキちゃんに頑張ってもしょうがないって言ったんだって?」

「ああ」

「 … 何でそんなひどいこと言うの?!」


地団太を踏んで悔しがるユイ。

「そっちがこの間、頑張るって言葉大嫌いって言ったから … 」

「あたしの言うことなんて信じないでよ、世話の焼ける … 一回くらいデートしてあげればいいじゃん」


ベンチに腰かけたユイの怒りは収まりません。

「そっち? … 自分のことは『自分』って言うクセに、私は『そっち』なんだ?」

「いやいや、何て呼べばいいんだ?」

「知らないわよ、自分で考えて!」


ユイに手を焼く種市、考えた挙句、下の名前で呼びました。

「ユイ … 」

「 … はい」


意外にも呼び捨てにされてもユイは怒りもせず、返事までしました。

しかし、名前を呼んだだけで、ボーっと突っ立っている種市を見てまた怒り出します。

「何なのよ、用もないのに呼ばないでよ!」

「ユイ!」


種市を残してリアスに入ろうとするユイを種市は呼び止めました。

「何よ?」

「俺と … 」


… … … … …

リアスの中では、アキが弥生から歌唱指導を受けている最中でした。

♪来てよ その火を 飛び越えて …

「違う、違う! 音程が違う! … それから、高音になるところの白目剥くクセ直せ、怖ええから」

「弥生さんも白目剥いてるべ!」


白目剥くのは弥生のやる通りしろと言われてマネていたのです。

「おらのマネしなくていい!」

… 理不尽な指導 …

「次、ユイちゃん!」

丁度入ってきたユイとバトンタッチしてアキは一度店の外に出ました。

… … … … …

「先輩!」

ベンチに腰かけていた種市。

「あ、ちょっといい? … 大事な話があるんだけど」

「じぇじぇっ!」

「 … 別に今じゃなくてもいいんだけど」


アキは喜び勇んで店内に戻ると、カバンを手にしました。

「どこさ行ぐんだ? 練習中だぞ」

弥生にたしなめられましたが、アキはそれどころではありません。

「ごめん、デート … また明日!」

有無を言わさず、飛び出して行きました。

「 … デート?」

ヒロシだけでなく、ユイまでが複雑な表情でアキを見送りました。

… … … … …

「いいのか、勝手に入って?」

アキが種市を連れてきたのは、北鉄の整備用車庫でした。

「大丈夫、まだ電気ついてるし、下見だから」

「下見?」


アキはお座敷列車に改装中の車両にどんどん乗り込んでいきました。

「わあ、随分出来上がってる」

床には畳が敷き詰められていました。

「ここで歌うんです、ユイちゃんとふたりで … だから毎日、歌教わってるんです、ユイちゃんと」

「仲いいんだな」

「はいっ、だって親友だもん」


種市が少し気まずそうな顔をしたように見えました。

アキはそれに気づかないで、ユイと友達になった経緯を話しはじめました。

「初めて会ったのも北鉄の中だったな … ここさ立って本読んでた」

アキは車両の一番後ろに立ちました。

「近寄りがてえ雰囲気だったけど、しゃべってみたら気が合ったんだ」

生まれて初めて、たったひとりの親友です。

… … … … …

そわそわと落ち着かない種市、意を決したように口を開きました。

「あの、天野 … 実は俺 … 」

すべての灯りが落ちて、一瞬で暗闇に包まれてしまいました。

「じぇっ!」

種市の方へ駆け寄るアキ。

… … … … …

電源を落とし、戸締りをして帰って行く吉田。

… … … … …

梨明日。

「いいの? デートなんて、春ちゃん行かせて」

「種市君なら心配ないでしょ」


大吉に聞かれて春子はそう答えました。

「この辺、デートっていったら、何処へ行くんですか?」

勉さんの隣で琥珀を磨きながら水口が尋ねました。

「ないね … 国道沿い走ってたら、モーテルばっかりだもんね」

ユイがいるので、春子が勉さんの話を遮りました。

「別に平気っすよ」

冷めた口調のユイ。

… … … … …

観光協会。

誰もいないのをいいことにしおりは夜の窓ガラスに写る自分の姿を見ながら激しく踊っていました。

片手にはマイク、声は出していませんが、何かになりきっています。

梨明日からひとり戻ってきたヒロシは、入り口から動けずにそのまま見つめていました。

しばらくはヒロシに気づかなかったしおりですが、ふと窓ガラスに映る姿が目に入りました。

恐る恐る振り返るしおり、顔から火が噴き出しそうな気分 …

「 … 違うんです、誰もいないから開放的な気分になっちゃって、TM NETWORKの『Get Wild』に合わせて踊ってみました … 合わせてって言っても、あの頭の中で鳴っている音に合わせて ○▲×◎ … 死にたい … 」

ところが思いつめたような顔のヒロシの口から出た言葉は …

「飲み行きませんか?」

「 … 是非」


… … … … …

ふたたび、梨明日。

外回りから帰った保が顔を出しました。

「で、何の話してたの?」

「この辺、デートスポットがないねって話」

「国道沿い走ってても、モーテルしか … 」


勉さんと全く同じことを言いかけた保を春子が慌てて止めました。

「平気っす」

ユイ、全く動揺せず。

そこへ入ってきたのは、戸締りを終えた吉田です。

「 … 何の話?」

「デートするなら … 」

「モーテルしかないでしょ」


外で聞いていたかのような吉田の受け答え。

「さすがにイラッときた」

ユイは落ち着きながらもそうつぶやきました。

「東京だとどうなんですか?」

「そりゃやっぱり原宿だべ」


保の『原宿』という言葉に反応するユイ。

「んだ、原宿のオープンカフェだべ」

見てきたようなことを言う大吉。

「いや、逆に東京に住んでると行かないけどね、原宿とか」

春子の話で完全にスイッチが入ったのか、今まで離れた席で知らん顔していたユイが話に加わってきました。

「原宿には表と裏があるって本当ですか?」

「えっ?」

「芸能人は大体裏に潜んでいるんですよね?」


ユイは立ち上がって春子に近づいてきます。

「スカウトマンがいるのは表の方なんですよね?」

以前アキにも聞いたことがある雑誌で仕入れた情報を次から次に質問し始めました。

「竹下通りのクレープ屋さんに並んでいるとスカウトされやすいんですよね?」

「 … いや、よく分かんない」


そう言うしかない春子です。

「クレープ屋のあたりは、キャッチも多いから気をつけた方がいいと思います」

代わりに答えたのは水口でした。

「あれっ?」

吉田が自分の携帯が見当たらないと騒ぎ始めました。

… … … … …

一方、整備用車庫に閉じ込められたアキと種市はどうなったかというと …

一斗缶に廃材を入れ、燃やして暖を取っていました。

「ありがとうございます」

「んっ?」

「頑張ればいいもんじゃないって、先輩言ったべ? … あれ良い言葉だなって思って」


困ったようにうなずく種市。

「出発、いつですか?」

「3月18日、卒業式の次の日だ」


… お座敷列車の当日でした。

立ち上がった種市は思いがけないことを口にしました。

「なんか、天野としゃべってると、東京さ行ぎたくなくなるな … 天野みてえにこの町を愛しているやつは他にいねえ、自分が育った町を『寂れてる』とか『遊ぶ場所がねえ』とか悪くいうやつばっかりだ」

種市はアキの方へ振り返りました。

「自分は東京さ行ぐ、でもこの町を捨てたわけじゃねえ … 

ここが一番いい場所だって確認するために行ぐんだ」


種市の口から出た言葉は偶然にも祖父、忠兵衛がアキに話して聞かせたことと同じ … アキは感動していました。

… … … … …

♪潮騒のメモリー 17才は寄せては返す 波のように激しく

ステージで歌うユイ、弥生の歌唱指導のおかげでだいぶ様になってきています。

「すいません、誰か俺の携帯に電話してもらっていいですか?」

「何、失くしたのか?」


… ここを探すより、外を探せって。

… … … … …

♪来てよ その火を 飛び越えて …

アキが突然歌いだしたので、種市は驚きました。

「 … 天野?」

「あ、お座敷列車で唄う歌です。『潮騒のメモリー』」


ホッとする種市。

「びっくりしたあ、いきなり大きい声出すから、ぶっ壊れたと思ったべ」

「へへへへへ」

「『潮騒』って三島由紀夫だべ … 三島の恋愛小説で映画化された名作だ」


そんなこともアキは知りませんでした。

「その火を飛び越えて来いっていうのは、その中のセリフだ … その後、ふたりは抱き合うんだ」

焚火の日を見つめていたふたりの視線が … いつしかお互いを …

微妙な雰囲気をかき消すように、突然、種市の後方で携帯電話の着信音がけたたましく鳴り響きました。

「誰のだ、これ?」

たぶん吉田が探していた携帯電話でしょう。

手に取った種市が顔を上げると …

焚火の向こうのアキが立ち上がってこちらを見つめていました。

「天野?」

「 … その火を飛び越えます」

「じぇじぇっ!」

「その火を飛び越えて来いって意味ですよね? 先輩!」


慌てて否定する種市ですが、アキには伝わりません。

「天野、行きます!」

助走を取るアキ。

「お前が飛ぶのか?」

「はい、その火を飛び越えます!」


… … … … …

「やめろ、天野 … 落ち着け!」

「飛びます!」


アキは走り出しました。

「あまの!」

「せんぱーい!!」


走るアキの横を黒い影が … 一瞬早く焚火を飛び越えると、その先にいた種市を突き飛ばしました。

ひっくり返った種市の手から携帯電話を奪って振り向いた顔は … 吉田でした。

吉田は懐中電灯でポスターの標語を照らし出しました。

「火の用心!」

「 … すみません」


一体何事が起きたのか、首をかしげるアキでした。

DVD>ドラえもんTVシリーズ『名作コレクション』DVD 9 ジャイアンリサイタルを楽しむ方法 ()

新品価格
¥980から
(2013/5/23 14:14時点)



時をかける少女 ブルーレイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,745から
(2013/5/23 14:04時点)


潮騒(新潮文庫連動DVD)

新品価格
¥3,284から
(2013/5/23 14:10時点)



『Get Wild』ってこんな曲 … 
関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。