NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2013年08月17日 (土) | 編集 |
第120話

< 母親とマネージャーににらまれながら、彼氏からの電話さ出ま~す >

「もしもし、天野です … じぇっ? じぇじぇっ、じぇじぇじぇっ?!」


種市が電話で伝えてきた情報をアキは思わず春子に教えてしまいました。

「ママ大変、『潮騒のメモリー』がリメイクされるって! … 太巻さんと鈴鹿さんが寿司屋でしゃべってるって!」

「 … あんた誰としゃべってるの?」


… … … … …

「いや、自分も断片的にしか聞いてねんだけど、確か天野の好きな映画だったなと思って」

「覚えててくれたんだ ~ 」

「あたっりめえだ … 彼氏だもの」


横から春子の手が伸びてアキの携帯を取り上げました。

「それ確かな情報なの? … っていうか、どちらさん?」

いきなり電話の相手が春子に代わって、慌てる種市。

「あ … 自分、種市です」

「あ~ら、南部ダイバー … ねえ、リメイクっていうことはさ映画になるのよね、そうよね?」

「自分も断片的にしか … 」

「主題歌はどなたが歌うんですか?」

「あ~、鈴鹿さんも同じこと気にしてました」

「ははは、そりゃそうよね … っていうか、それどこから湧いた話?

鈴鹿発信、太巻発信、誰発信?」


余り具体的なことを突っ込まれても、種市は「断片的にしか」と答えるだけです。

「太巻発信だったら、私許しませんから!」

まるで尋問するかのような春子の迫力に20歳過ぎた男が泣きはじめました。

「断片的にしか分かんねえから!」

「種、どうした? 大丈夫か?」


様子がおかしい種市を見て、梅頭が声を掛けました。

「ヒロインは、誰がやるの?」

「お、おおお、お … 」


嗚咽しながら、答えた種市 …

「オーディション?!」

… … … … …

リアス。

「ユイちゃん、これ見た?」

吉田がスポーツ新聞を持って駆け込んできました。

「何?」

受け取った新聞の芸能欄に大きく『“潮騒のメモリー”リメイク決定』の文字がありました。

「じぇじぇっ?!」

ユイより早く驚く大吉。

「『潮騒のメモリー』っつったらおめえ!」

「♪来てよ その火さ 飛び込んで ~ だべ?」


保の歌は微妙に間違っていました。

「いやいや ♪好きよ 大吉 抱きしめて ~ だべ?」

「いやいや ♪ダメよ 刺青 お断り ~ だべ?」


大吉と吉田、もうワザと外しています。

「いやいや ♪白いカモメか 波しぶき ~ だべ?」

「うるせえ、南部ダイバー!」


自分は棚に上げて、磯野を一喝した吉田。

♪来てよ その火を 飛び越えて ~

ユイの歌の後に続けて、男たちは声を合わせて歌いました。

♪砂に書いた アイ・ミス・ユー

「いいなあ ~ !」

「 … っていうか、大吉さんのはちょっと引きました」


そうユイに言われて、ショックを受ける大吉。

「なすて、俺だけ? … 」

… … … … …

吉田が記事を読み上げ始めました。

「伝説のアイドル映画が、25年の時を経て今よみがえる。

メガフォンを取るのは、稀代のヒットメーカー太巻さんこと荒巻太一、アメ横女学園、GMT5のプロデューサーにして振付師 … 交代」


吉田は新聞を磯野に渡しました。

「 … コンパニオンに囲まれて、カニ三昧の宴会の後は魅惑の温泉が … 楽園へようこそ … 」

… … … … …

純喫茶アイドル。

ドアを開けて入ってきたのは、河島でした。

「ごめんなさい、わざわざ来ていただいて」

この店を指定したのは水口でした。

「いやいや、アメ横じゃ、社長に会ったら気まずいもんな … 読んだ?」

河島はカウンターに置いてあった『潮騒のメモリー』の記事が載っている新聞を指しました。

「ええ、結構でかく扱われてますよね?」

「さすがの企画力だよ、鈴鹿ひろ美を引っ張り出すとは … 」

「結構、集まってるんですか、応募?」


2,000通くらいは集まっていることを知って驚く水口。

「 … うちの天野アキも出しました。書類、ダメもとで」

… … … … …

「ユイちゃんも送ったらいいのに」

大吉が言うと、保も賛成しました。

「んだんだ、一般公募っつったら、誰が送ってもいいんだべ?」

「いいです、私は」

「ユイちゃんがヒロインさ選ばれたら、北鉄の知名度はさらに上がるべ」


打算いっぱい悪い顔の大吉。

「だけど、私なんかが選ばれたら、頑張ってるアキちゃんに悪いもん」

「さすが、自分が選ばれること前提だ … 」


感心する、保 … あり得ないことではありません …

「いやいやいや … 」

「見てえなあ ~ ユイちゃんがヘビを飛び越えるの」


しみじみと言った、吉田。

「こういうのは、あれだべ?

本人でなく、お兄ちゃんが勝手に送っちゃうパターンだべ?」

「えっ、送った方がいい?」


磯野に言われて、ヒロシはユイに確認しました。

「いいよ、やめてよ!」

「またまたまたまた ~ 」


声をそろえる男たち。

「よし、足立ヒロシ … 履歴書、買ってこい!」

席を立とうとしたヒロシをユイは止めました。

「本当、やめてください!」

「まあまあまあまあ ~ 」


… … … … …

ふたたび、アイドル。

「例えば、演技経験ゼロの子でも可能性あるんですか?」

水口に聞かれて、河島は吹き出しました。

「何おまえ、本当に一般公募だと思ってるの?

ははは、お前素人じゃないんだから … 」

「 … 出来レースか」


水口は失望して新聞を放りました。

「まあ、どっちみち、天野は太巻さんに盾ついて辞めたんだから … 200パーセントあり得ませんよね」

「それがそうでもないんだわ … 」

「えっ?」


ここからが本題と前置きして河島は話しはじめました。

「小野寺ちゃん、カナヅチなんだわ。

で、天野泳げるだろう? … 海潜ってウニ取ってたんだろう?」

「ああ、それで呼び出したんすか? … なるほど」


水口は、アキの特技を生かした抜擢かと理解しました。

「水ん中だったら、背格好違うけど分かんないと思うんだよね」

しかし、すぐにそれは勘違いだったことに気づきました。

「ということで、そういう前提で書類審査は合格すると … 」

「吹き替え要員だったら、お断りします!」


声を荒げた水口、河村は慌てて周りを気にしました。

「バカにしないでくださいよ!

ずっと奈落に押し込められて、ようやく陽のあたるところに出たのに … 何が悲しくて、またシャドウやんなきゃいけないんすか? … しかも昔の仲間の!」


水口は席を蹴って立ち上がりました。

「この話、聞かなかったことにします」

「おい、待てよ、水口!」


店の出口に向かう水口 … その時、扉が開いて、入って来たのは、太巻でした。

… … … … …

太巻と対峙する水口。

「うわっ、太巻さん! 懐かしい ~ 」

甲斐はカウンターを飛び出しました。

「ご無沙汰しています」

「彼ね、ここの常連だったの! 25年くらい前かな … 幾つになったの?」

「51です」


懐かしさのあまり、あれこれ口走る甲斐。

自分の年齢が65歳だと改めて確認して愕然としています。

… … … … …

< 数日後、合格通知が届きました >

書類審査に合格したアキは有頂天で『潮騒のメモリー』を歌っています。

オーディションは明日、場所は東京EDOシアター、受験番号は236番です。

「まあ、1次なんてこんなもんでしょ … 浮かれてないで、面接ちゃんと頑張んなさいよ」

春子はアキにクギを刺しました。

「でも、なすてだべ?

ママと太巻さんはハブとマングースだべ?」


天敵という意味のようです。

「その娘がなすて受かったんだべ?」

アキでなくても不思議に感じるところです。

水口はその理由を知っていました …

… … … … …

話は数日前、太巻がアイドルに現れた時点に戻ります。

「君の事務所に悪意があるわけではない … ただ、『潮騒のメモリー』は俺にとっても起死回生のカードだ。

GMTをトップアイドルにするために是非とも小野寺で行きたい」

「いいよね、小野寺ちゃん … 熱いよね?」


口を挟んだ甲斐ですが、太巻ににらまれて黙り込みました。

「だが、鈴鹿さんの出した条件は、オーディションでヒロインを選ぶこと … その真意は天野にチャンスを与えるということは明白だ。

つまり、これは折衷案なんだ。

どちらも立てるためにはこうするしかないんだ」

「うちの天野を影武者として使うことが折衷案ですか?」


水口は納得がいきません。

「『潮騒のメモリー』は、俺と鈴鹿さんが出会った作品だ」

「天野春子もですよね」

「黙れ!

… 今からその話をする」


… … … … …

「もう落ち着かないんだよ!

鈴鹿さんが天野を可愛がっているのを見ると … 何かこう罪滅ぼしをしているみたいでさ!」


『天野さんクビにするなら、私も辞めますから … 女優を辞めるんです』

「でも、鈴鹿さん、ご存じないんですよね? 春子さんが歌ってること」

「俺の前ではそういうことにしてる。

でも、分かるだろう、普通?

声全然違うし、片や絶対無理音感だよ … 知っててダマされたふり続けているんだよ、25年も。

たち悪いよ …

罪滅ぼしなんかしなくていいんだよ … 悪いのは全部俺なんだからさ!」


『私の声がレコードになるんですか? … 鈴鹿ひろ美の名前で?』

… … … … …

席を外させられてた河島が店に戻ってきました。

「社長、そろそろ次のお仕事が … 」

席を立った太巻。

「ま、そういうことだから … お前の方から天野の説得頼むよ。

悪いようにはしないから」


そう言って店を後にしました。

「『悪いようにしないから』か … 何か聞いたことあるな。

あっ、春ちゃんか」


甲斐が独り言のようにつぶやきました。

『君自身のデビューのことも、ちゃんと考えてる … 悪いようにしないよ』

「『悪いようにしないから』って、悪い奴のセリフだよね?」

水口の顔を見て、苦笑いしました。

… … … … …

アキは書類審査に通ったことをユイに電話で報告しました。

「じぇじぇ、何それ、すごくない?! 皆に言っていい?」

自分のことのように喜び興奮するユイ。

電話をハンズフリーに切り替えて、早速、目の前にいる梨明日の皆に報告しました。

歓声を電話で聞きながら、アキは少し照れながら言いました。

「書類だよ、書類、これから1次審査だから … つうかユイちゃん、夏ばっぱ来てる?」

「夏さん? … 来てないよ、お休みだから」

「うそ、家さ電話したけど、出なかったよ」


夏には大吉が明日の朝、家に寄った時に伝えてくれるそうです。

「でもよかったね本当に、夢に一歩近づいたじゃん」

「今のうちにサインもらわねえとなあ!」


勉さんの大きな声が聞こえました。

「頑張ってね!」

「うん、ありがとう」


… … … … …

< そして、オーディション当日 >

「おはよう、夏ばっぱ ~ ウニ丼取りさ来たぞ」


入口の戸を開ける大吉 … 夏の姿が見当たりません。

「夏ばっぱ!」

声を掛けても返事がありません。

「 … まさか、また海さ行ったか?」

しかも、こんな早い時間に …

ふと、作業小屋の戸の隙間から猫が中を覗いて鳴いているのが見えました。

「夏ばっぱ!」

作業小屋の戸を開ける大吉。

… 床に夏が横たわっていました。

「夏ばっぱ?

ばっぱ、夏ばっぱ! 夏さん、おいっ、夏さん!!」


… … … … …

「アキ、面白いこと言おうとしなくていいんだぞ、普段通りで十分面白いんだから」

アキの絣半纏を用意しながら正宗は言いました。

その時、春子の携帯にメールの着信。

開いた途端、鼻で笑った春子は画面をアキに見せました。

『お母さん倒れた!(‘jjj’)/』

「大吉っつあん?」

「 … しかいないでしょ、こんなことすんの!

気にしなくていいからね」


24年ぶりに春子を北三陸に呼び戻した時と同じ内容でした。

「アキはオーディションに集中!」

しかし、昨日の電話のこともあってか、何か胸騒ぎがするアキ。

「ママ!」

「早く支度して」


しかし、今度は家の電話がけたたましく鳴ります。

やはり何か感じていたのか、誰よりも早く受話器を取ったのは春子でした。

大吉の切羽詰ったような声が耳に飛び込んできました。

「ウソじゃねえって、今度は!!

夏ばっぱ、呼んでも返事しねえんだよ!」


夏は今、大吉の知らせで駆けつけた救急車に運び込まれるところでした。

受話器を耳に当てたまま、動けない春子。

「どうしたの? ねえママ、ばっぱどうしたの?」 

騒然としている電話の向こう、かつ枝が何か懸命に春子に伝えようとしています。

「春ちゃん、春ちゃん … どうした、春ちゃん、聞こえてるか?」

連続テレビ小説あまちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド)

新品価格
¥1,155から
(2013/8/17 15:22時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。