NHK朝ドラ『花子とアン』『ごちそうさん』『あまちゃん』…ストーリーを勝手に解釈&裏読み … ほぼネタバレ…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
2014年06月29日 (日) | 編集 |
まずは、先週のおさらいを …



それでは、次週の「花子とアン」は?

はな(吉高由里子)は英治(鈴木亮平)に妻がいたことのショックを胸にしまい、新雑誌『にじいろ』刊行の仕事に打ち込んでいた。

素晴らしいです、傑作です

ある日、宇田川(山田真歩)からはなに電話が入り、『にじいろ』のための児童小説を書いてもいいと言う。歓喜にわく聡文堂。カフェーで宇田川の原稿を受け取り、内容について意見交換するはなの姿に、平祐(中原丈雄)は「ようやく編集者らしくなってきたな」と感じるのだった。

しかしかよ(黒木華)は、はなが無理をしているのではないかと心配をぬぐいきれない。梶原(藤本隆宏)に頼まれ、原稿を村岡印刷に届けるはなだが、英治とはぎこちないやりとりを交わすのみだった。

やがて、『にじいろ』がついに完成。英治(鈴木亮平)は雑誌を手に、妻・香澄(中村ゆり)を病室に見舞う。香澄は渡された雑誌を嬉しそうに眺めるが、ふと、はなが翻訳し英治が挿絵を書いた『王子と乞食』のページに目を止めるのだった。

本当に申し訳ありません

そんなある日、はなは仕事に打ち込もうとするあまり、大失敗をやらかしてしまう…。

蓮子さん、死ぬほど会いたかった

一方福岡では、龍一(中島歩)からの手紙を待ちわびる蓮子(仲間由紀恵)の様子に、女中頭・タミ(筒井真理子)が怪しいと感づき始めていた…

どんな道を選ぶか君次第だ

じっとしてても何も変わらんよ


失恋のあげく仕事でも失敗続きのはなは、梶原にしばらく休むよう告げられ、甲府へ帰ることに。吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)は突然帰ってきたはなに驚く。

離婚なんてしないでください、絶対にしないでください

花子とアン 公式サイト、YAHOO!テレビガイド他を参照)

連続テレビ小説 花子とアン Part2 (NHKドラマ・ガイド)

新品価格
¥1,188から
(2014/6/29 11:48時点)



にじいろ (CD DVD)

新品価格
¥1,637から
(2014/6/29 11:49時点)



NHK連続テレビ小説「花子とアン」 にじいろ (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ )

新品価格
¥626から
(2014/6/29 11:49時点)


関連記事
スポンサーサイト

朝ドラ関連のブログ一覧はこちらです。よろしくお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。